芸能

バスト・ヒップ・くびれ・脚線美…芸能界の「パーツ別美女」を徹底リサーチ!

 男子3人集まれば、女の子のタイプは3通り。ルックスはもちろん、体型や特に好きなパーツにもそれぞれこだわりがあるのだ。それはもちろん、好きな有名美女を選ぶ際にも大きな影響を与える。

 はたして、バストの大きさ、美しさ、ヒップ、ウエストのくびれ、脚線美の5部門に分類した場合、どんな美女の名前が挙がるのだろうか。

「大きいバストの有名美女ということなら、圧巻の115センチ・Kカップ、ももせももが1位でしょう。8月末に発売されたファーストDVDがバカ売れし、早々のセカンドDVDもリリースされました。大きいバストをこよなく愛する男子から熱烈な支持を受けています」(週刊誌記者)

 一度見たらクギづけ。あるいは、思わず二度見してしまうほどの美バストとなれば、昨年12月に大反響を呼んだ、あの人を置いてほかにいるまい。

「フリーアナウンサーの田中みな実ですね。バストの下部を肌見せした写真集をリリースし、あまりにキレイな形で、男性のみならず女性からも多くの支持を集めました。数々のメディアに取り上げられ、みずからも積極的にテレビに出演。その結果、売りも売ったり50万部。“バストまでが顔”と言い切る田中のボディケアも大きな注目を集めました」(芸能ライター)

 美しいヒップの分野にも、一家言あるグラドルがいる。朝比奈祐未だ。

「くびれたウエストからヒップラインにかけての曲線はグラビア界随一との呼び声も。みずからヒップに名づけた『ひなけつ』が次第に知名度を得て、今では朝比奈自身のニックネームになっています」(アイドル誌グラビア担当)

 ウエストのくびれの部門といえば、もちろんこの人。みずから「くびれスト」を標榜し、驚くほどのくびれでグラビア界を席巻。今年3月に惜しまれつつ引退してしまう川崎あやだ。

「167センチと高身長でありながら、ウエストは驚異の52センチ。この奇跡のボディバランスは、後にも先にも川崎しかいないのではないでしょうか。肌見せ度の高い斬新なデザインの水着を着ることが多く、その点でも読者をドキドキさせてくれました」(前出・週刊誌記者)

 スラリとまっすぐ伸びた女性の脚。興味ない男子などいるはずがないこの部門のナンバーワンは、元新体操選手で現在スポーツキャスターの畠山愛理だ。

「美しさを競う種目だっただけに、さすがの脚線美です。180度以上のありえない角度にまで広がる開脚は圧巻のひと言です」(芸能ライター)

 2月4日発売の「アサ芸シークレットVol.62」では、そんなパーツ別美女を徹底ランキング。総勢65名の美パーツをとくとご覧あれ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】