芸能

歌手よりすごい?芸能界の「隠れた歌うま女王」を発見!

 近年、テレビのバラエティ番組で人気になっている「カラオケバトル」。歌手ではない、タレントが美声を競い合う番組で、意外な人が歌上手であることがわかることが人気の秘密だ。

 だが、これらの番組に出演しないが本当は歌唱力バツグンという人も少なくない。そんな意外すぎる「歌うま女王」を探った。

“隠れた歌うま”と聞いて、真っ先に名前が挙がるのは女優の高畑充希。昨年、オンエアされた「NTTドコモ」のCMでは、X JAPAN「紅」を熱唱し、ぶっとびの歌唱力とメガ音圧に騒然となった。彼女の声を女優の黒木瞳は「歌声の力強さ、なめらかさが素晴らしくて度肝を抜かれました」と評している。文句なしの1位だろう。

 グラドルでは篠崎愛が筆頭だ。14年の「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日系)のカラオケ対決で歌姫・華原朋美に勝利し、その実力を見せつけた。

「篠崎は童顔でありながら豊かな胸の持ち主ということで、『天は二物を与えた』と評されたこともあります。それが歌もうまいんですから、無敵ですよ。最強の歌うまグラドルです」(芸能ライター)

「声が商売道具」という意味では歌手と同様である女子アナの中で、一番の歌唱力を持つのはフリーアナの高橋真麻。フジテレビの局アナ時代には、番組で何度も岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」を披露している。自前の衣装は歌手そのもの、ふりつけも完璧で知らない人が見れば歌手だと思ってしまうかもしれない。

 この3人に続くのど自慢といえば、吉田羊、満島ひかり、小西真奈美といったところだろうか。

 6月4日発売の「アサ芸Secret Vol.58」では彼女たちが選ばれた理由とともに、最新の「歌うま番付」も発表している。ドラマやバラエティで活躍する美女たちの意外な一面を知ることができるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」
4
アイドルプロデュース、「勝ち組」はクロちゃんよりもあの元NMB48メンバー!?
5
名倉潤、うつ病から仕事復帰も原田泰造「楽屋の温度問題」言及に懸念の指摘