芸能

歌手よりすごい?芸能界の「隠れた歌うま女王」を発見!

 近年、テレビのバラエティ番組で人気になっている「カラオケバトル」。歌手ではない、タレントが美声を競い合う番組で、意外な人が歌上手であることがわかることが人気の秘密だ。

 だが、これらの番組に出演しないが本当は歌唱力バツグンという人も少なくない。そんな意外すぎる「歌うま女王」を探った。

“隠れた歌うま”と聞いて、真っ先に名前が挙がるのは女優の高畑充希。昨年、オンエアされた「NTTドコモ」のCMでは、X JAPAN「紅」を熱唱し、ぶっとびの歌唱力とメガ音圧に騒然となった。彼女の声を女優の黒木瞳は「歌声の力強さ、なめらかさが素晴らしくて度肝を抜かれました」と評している。文句なしの1位だろう。

 グラドルでは篠崎愛が筆頭だ。14年の「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日系)のカラオケ対決で歌姫・華原朋美に勝利し、その実力を見せつけた。

「篠崎は童顔でありながら豊かな胸の持ち主ということで、『天は二物を与えた』と評されたこともあります。それが歌もうまいんですから、無敵ですよ。最強の歌うまグラドルです」(芸能ライター)

「声が商売道具」という意味では歌手と同様である女子アナの中で、一番の歌唱力を持つのはフリーアナの高橋真麻。フジテレビの局アナ時代には、番組で何度も岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」を披露している。自前の衣装は歌手そのもの、ふりつけも完璧で知らない人が見れば歌手だと思ってしまうかもしれない。

 この3人に続くのど自慢といえば、吉田羊、満島ひかり、小西真奈美といったところだろうか。

 6月4日発売の「アサ芸Secret Vol.58」では彼女たちが選ばれた理由とともに、最新の「歌うま番付」も発表している。ドラマやバラエティで活躍する美女たちの意外な一面を知ることができるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!