芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(1)スベり炎上する松本人志の悪評

「ワイドナショー」(フジテレビ系)が2013年に始まって以来、芸能ニュースはもちろんのこと、スポーツ、政治、社会問題にまで意見するようになった、ダウンタウンの松本人志。だが、そのご意見番ぶりはイマイチ評判がよろしくない。

 最近、特に批判を浴びたのは、2月24日の放送で、“明確な同意なしの性行為は違法”というスウェーデンの法律を取り上げた際の「明確に『いいよ!』とかねぇ。『やろうよ!いいよ! イェイ!』みたいなん、すげえ冷めるし」という発言だ。

「性的ハラスメントやパワハラへの意識が高まる中、あまりにも不用意な言いようでした。結局、なんとか笑いに落とし込んで“松本らしさ”を出そうとしましたが、単に逆張りに失敗したスベりコメントで終わってしまった。番組終了とともに、ネットにはその発言を書き起こした記事が溢れますが、炎上するのは、だいたいこのパターンです」(放送作家)

 そもそも、なぜ松本が世間に対し意見を言うような立ち位置を務めることになったのか。

「“天才”などと言われる松本ですからね。番組サイドは、日本人の気質を“赤信号、みんなで渡れば怖くない”と斬ってみせた、かつてのビートたけしのようなキレのあるコメントや、思いがけない視点からの問題提起などを期待していたのでしょう。1カ月に1回でも、そんな、誰もがハッとさせられるコメントが出てくればまだいいのですが、現状、そのレベルにはありませんね」(民放関係者)

 こうなると“たまたまスケジュールが空いていて、たまたま毎週呼ばれている”と紹介された、番組上の松本の設定からして、ややスベっているような気もしてくる。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
2
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
今井華のキスシーンに疑惑浮上!やっぱりテラスハウスはヤラセハウスだった!?