社会

アメリカでは「新型肺炎でもマスクを推奨しない」本当の理由とは?

 アメリカでもヒトからヒトへの感染が確認された新型コロナウイルスに関して、米疾病予防管理センター(CDC)では2月7日、「マスクの着用を推奨しない」とあらためて注意を喚起した。

 CDCでは以前から呼吸器系の疾患ではマスクの着用を推奨しておらず、今回の新型肺炎に際しても同様にマスクを推奨しないと明言。しかし全米の大手ドラッグストアではマスクや消毒液が入手しづらい状況となっており、アメリカ国民はCDCの勧告を無視している状況だ。

 そのアメリカではインフルエンザの死者数がすでに1万人の大台を突破しており、マスクの需要は急速に高まっている。それでもなお、CDCがマスクを推奨しない理由はどこにあるのだろうか。

「アメリカでも日本と同様に、感染防止にはマスクよりも手洗いが効果的とアナウンスしています。しかし日本と異なるのは、マスクをすべきではない理由をもっと明確に説明していること。そのひとつは医療現場にマスクが行き渡らなくなることへの危惧で、これは日本と一緒ですが、他の理由が日本とは異なっているのです」(医療系ライター)

 当局によると、一般市民はマスクの正しい着用法に通じておらず、マスクをしていてもその下に指を入れて手鼻をかむことがあるとも指摘。鼻をかむときはほぼ必ずティッシュペーパーを使う日本とは異なり、海外では手鼻をかんだりタオルを用いるケースが多く、それが感染拡大の一因になっているようだ。

 そして、もうひとつの理由はいかにもアメリカらしいという。

「CDCの関係者は、マスクで顔を隠すことによりセキュリティ上の問題が発生すると警告しています。要するに公衆の面前で顔を隠す行為は、みずからを危険人物だと公言しているのと一緒だということです。日本でも犯罪者がマスクで顔を隠すケースが多いとはいえ、さすがに『マスク=犯罪者』とまでは認識されていません。しかしアメリカでは人前で顔を隠すことなどありえない、ということ。それを公衆衛生の責任者が口にするあたり、日本よりもはるかに治安が悪い現状を追認しているとも言えるでしょう」(前出・医療系ライター)

 そのアメリカでは実際、医療関係者ですらめったにマスクをしないというのである。医療系ライターが続ける。

「インフルエンザ患者が激増している現在でさえ、病院側が医療従事者にマスク着用を義務付けようとすると《個人の自由だ!》として反対されるお国柄ですからね。ちなみにアメリカではマスクのことを『フェイスマスク』と表現します。日本ではフェイスマスクと言えば顔全体を覆うものを意味しますが、アメリカでは普通のマスクでも十分に顔全体を覆っているという認識なのです。そして医療現場でもマスクをするのは手術中か、もしくは感染症患者の病室に入る時くらいのもの。病室を出たとたんに『ああ苦しかった』といってマスクを外すのは普通の光景です」

 そんな文化にもかかわらず、マスクの需要が急増しているという現在、アメリカでも“感染を予防するためのマスク”という意識は高まるのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった