芸能

全国の岡村系リスナーのメンタルも心配!?矢部の公開説教への意外な反響とは

 相手を思う気持ちはわかったが、わざわざラジオで全国に聞かせること?そんな疑問の声も多く聞かれるのが、ナインティナイン矢部浩之が相方の岡村隆史に行った「公開説教」だ。

 4月30日深夜放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、岡村は物議を醸した前週の「女性蔑視」発言を謝罪。これを皮切りに番組は終始謝罪ムード全開で進行。というのも、途中で相方の矢部が「やったな、おまえ、やってもうたな」と演出的に声を荒げるふうに登場。そこからずっと説教が始まってしまったからである。

「矢部は“ナイナイの危機”も感じていたようで、ふだんから岡村に言いたかったことをこの場で全部ぶつけようとしたみたいに聞こえました。ところが内容もあまりに歯に衣を着せない調子だったので、男性リスナーたちがザワついたようです。細かくマタニティマークのことなどにも言及していましたが、矢部の主張は、ようは独身の岡村が女性の立場に立ってものが考えられない人格だということをとことん言っていた感じですね。また、岡村がかつて心のバランスを崩して休養したことも、復帰後周りが気を遣うようになり、結局ますます自分に甘くなることにつながったといったことも言っていました。これだけ言われたら、岡村も謝り続けるほかなく、好意的に見れば、それだけ親身に言ってくれる相方がいるという美談にもとらえることはできます。でも、これを聞かされたのが岡村さんだけでなく、全国のリスナーだったことで、また別の影響もあったように思いますよ」(エンタメ誌ライター)

 というのは、矢部の説教に「他人事ではない」「自分が罵られてる気になってしまった」という男性リスナーがあまりに多かったからだ。

 ネット上には「岡村さんはお金持ちでまだいいけど、僕なんかチビで貧乏で40過ぎて結婚もできそうにないから、聞いてて泣きたくなった」「一部の人たちにはあまりに強烈な人格攻撃では?」「ボクも女性が苦手。岡村隆史は一人ではないことを矢部にもわかってほしい」「お店でしか女性と接することができない自分は(岡村発言で)喜んだぐらいです」と、わざわざ岡村を一方的な悪者にして全国に聞かせる内容だったかどうかとの疑問を呈する声、さらには「女子アナと結婚できる人間に何がわかるのか」「矢部だって子供ができてその境地に達したんだろが偉そうに!」と、矢部のような“勝ち組“に言われたくないという批判的な声まで見られたのだ。

「確かに騒動の元になった岡村の発言は擁護のしようがない。ただ矢部もそこまで思っているなら、なぜもっと早く言わなかったのかな…という疑問もわいてしまいます」(前出・エンタメ誌ライター)

 今後の岡村本人や全国の岡村系の人たちのメンタルが少し心配になってしまうかも。

(飯野さつき)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白