スポーツ

白鵬、照ノ富士と対戦した力士に“覚悟”を見た1月場所「この一番」とは?

 2022年一月初場所は、関脇・御嶽海(みたけうみ)の3度目の優勝で幕を閉じた。13勝2敗、直近3場所・三役・33勝の大関昇進の目安をクリア。場所後に大関昇進となれば、出羽海部屋からの大関昇進は1976年1月初場所の三重ノ海以来、長野県出身の大関は実に、江戸時代の史上最強力士・雷電為右衛門以来となる。

 ちなみに、雷電為右衛門は、身長197センチ、体重169キロ。生涯成績254勝10敗、引き分けなどを除けば、勝率は驚異の9割6分2厘。まさに「史上最強」の称号にふさわしい。

 この1月初場所でも、新米親方として、西の花道警備にあたった白鵬(間垣親方)だが、早くも来場所への期待を語る。

「阿炎(あび)関の活躍は本物に近づいてきたと思います。来場所から本格的に大関取りがスタートしますが、今の彼なら問題ないと思います。彼の足が高く上がる四股は幕内でもピカイチです。ぜひ、大関とは言わず、その上の地位で、あの高く上がる四股をみてみたいものです」

 また、一月場所の「この一番」として白鵬が挙げるのが、4日目の照ノ富士対宇良(うら)戦。「引き揚げてきた時、西の通路の奥でビデオを見ながら『どうだった?』と聞いたら『かなわなかったです』と答えた顔には、次は行くぞとの覚悟が見て取れました。次が期待できる負けだったと思いましたね」とエールを送る白鵬である。

 さて、こんな「間垣親方の一月場所評」がから始まった同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第37番「運命の赤い糸」は1月25日発売の「週刊アサヒ芸能」2月3日号に掲載。続けて展開されるのは、若き日の白鵬の「初恋篇」。

 2004年3月場所で十両優勝、さらに幕内昇格の白鵬に1本の電話がかかってくる。相手はなんと横綱・朝青龍(あさしょうりゅう)。「明日、徳島で俺の激励会があるんだ。社長が活きのいい若手を連れてこいって言ってるから、お前を連れて行く。明日カラダを空けておけよ!いいな!!」それは、モンゴルの大先輩・ドルジ関からの有無を言わさぬ絶対命令。はたして、そこで白鵬を待ち受けていた「出会い」とは…。

「土俵の上では鬼になって勝ちにいくことこそが横綱相撲だと考えていました」

 2021年10月1日(金)東京・両国国技館で開かれた引退記者会見での白鵬の言葉である。

「横綱になれた頃は、自分の理想の相撲である『後の先(ごのせん)』というものを追い求めたいと思っていました。しかし、度重なる怪我に見舞われ理想とする相撲が取れなかったことも事実です」

 若き日の白鵬のエキサイティングな日々に加え、この告白の真実も、トクマコミックス「白鵬本紀」第2巻「白鵬のいちばん長い日」で、さらに詳細に語られる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから