芸能

人気フリーアナ「華麗なる次の転身」最前線レポート(2)小川彩佳が本業ピンチで女優業に進出?

「news23」(TBS系)でMCを務める小川彩佳(37)が、視聴率低迷により「キャスター業のピンチ」に陥っていることをご存じの人も少なくないだろう。

 TBS関係者が明かす。

「彼女は『news23』に起用されて3年目ですが、局内部ではキャスター交代論が根強く出ていて、そのポジションは安泰ではない。秋の改編で降板する可能性も存分にあり得ます。背景にあるのは『生え抜き路線』と『離婚スキャンダル』。山本恵里伽アナや日比麻音子アナら報道番組を任せられる自社の若手アナが着実に育っていることもあり、上層部でも『もっと積極的に生え抜きのアナを使うべき』との意見は日増しに強くなっている。さらに小川の立場を急激に悪化させたのが、昨年発覚した離婚。元夫の浮気が原因で彼女に責任はないのですが、報じられた経緯があまりに生々しく、小川自身にもスキャンダラスな印象がついてしまいました」

 離婚によってシングルマザーとなった小川は、

「元夫から慰謝料と養育費を受け取っているといっても、子供を育てていく不安は常にある様子。前夫について恨み節を漏らすことはないものの、口癖のように『もっと働かないといけない』と周囲の関係者に言っているんですよ」(TBS関係者)

 そんな小川がここにきて、新たな野心が芽生えたというのだ。それがなんと女優業なのだが、そこに活路を見出していることにも理由がある。ドラマ関係者の話。

「フリー転身後は報道番組一本のスタンスだった小川ですが、このところバラエティー番組出演を解禁する意思を示しているほか、女優活動への意欲も漏らしているんです。かつてテレビ朝日在籍時の18年に米倉涼子主演のドラマ『リーガルV』で女刑事を演じたことがあるほど。彼女は親しいスタッフに『出られるなら恋愛モノのドラマにも出たい』『一度の人生なのでいろいろとやってみたい』と語っているんです。お金の問題だけではなく、これから大きくなる子供に強い母としての姿を見せたいという気持ちがあるのではないでしょうか」

 持ち前の美貌と今後の生活を考えると、女優業への進出は何ら不思議ではないのだが‥‥。

 4月末でフジテレビを退社する久慈暁子アナ(27)もまた、女優としての活躍を画策しているという。

「フジを辞めることが決まって以降、同僚で入社時から昵懇のドラマスタッフに対して『これからは女優として使ってほしい』との売り込みを熱心に行っているんですよ。彼女自身、フリー転身後の仕事獲得に不安があるようで『無茶苦茶イヤな女の役でもやる』とまで猛アピールしている。モデルとして活動していた大学時代に培った芸能人脈もフル活用して、アナウンサー、女優、モデル、タレント、司会と『超マルチフリーアナ』を目指しているんです」(テレビ局関係者)

 そんな久慈アナの今後を左右するキーパーソンが「お笑い向上委員会」で共演する明石家さんまだった。

「彼女がさんまに対して『退社後も向上委員会でアシスタントを続けさせてほしい』と懇願したことが話題となりましたが、さらにさんまには『踊る!さんま御殿!!(日本テレビ系)に呼んでほしい』『関西のラジオ番組に出させてほしい』と、なりふり構わずおねだりしている。入社時から久慈アナと接してきた周囲の人間を『こんなにしつこい性格だったのか』と驚かせています」(テレビ局関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン