社会

大阪「立ちんぼスポット」最新ルポ【後編】/若い女性が性サービス店で働かず路上に立つのはなぜか

 大阪・梅田の地下街に古くからあった立ちんぼスポット「泉の広場」は今、様変わりし、そこから地上に出たホテル街が客引きの舞台となっていることは、前編で書いた。

 3月末に梅田のホテル街を訪れると、飲食店とホテルがひしめきあう狭い路地に、7人ほどの女性が等間隔に立っていた(写真)。

「月末になると、特に多いですよ。借金の支払いなど、なにかと出ていくものがありますからね。ホストのツケが払えずに立っている、新顔の立ちんぼもよく見かけます。ホストがこの場所に女の子を連れてきて『ここに立っていれば、客を捕まえられるから』と説得していることもありますね」(近隣の性サービス店従業員)

 令和元年から2年にかけて、17歳から64歳の立ちんぼ、計61人が逮捕されたのだが、その半数以上の38人が生活のためであり、ホストクラブで遊ぶためだという女性も9人いた。そのせいか、今では20代の女性が多いように思える。若い女性であれば、まっとうな性サービス店で働いても、それなりに稼ぐことができるはずで、町中で客を捕まえる危険を冒す必要はない。わざわざ街に立ち、客を引く理由はどこにあるのか。社会部記者が言う。

「ホストがツケを回収するため、客の女性を性サービス店で働かせることは違反行為にあたります。それを警戒して、スカウトマンと店側は、ホストから紹介されてくる子は働かせたくない。スカウトの中には反社の者もいるため、警察としては暴力団に流れるカネを止めたい、という面もあるでしょう。こうした事情から、路上に立つのが手っ取り早い、ということに…」

 今年1月、客の女性を性サービス店で働かせたとして、元ホストの男が逮捕された。女性は2021年10月から翌3月までの間、都内や福島、愛媛、熊本、大分、沖縄で性行為を強いられ、売上金を渡していたという。これに関連し、性行為の場所を提供したとして、那覇市の性サービス店の経営者と店長の男も逮捕されたのだ。

 かつてはホストと客の二者間で、ツケの回収を行っていた。

「ところが現在は、ホストがスカウトを挟んで客に性サービス店を斡旋し、カネを回収しつつ、スカウトからバックを受け取る構図ができた。警察はそれを阻止するため、見せしめで逮捕しているのではないか」(前出・性サービス店従業員)

 一斉逮捕の後も法の目をかいくぐり、立ちんぼは減るどころか、増えているように感じるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」