エンタメ

業界首位の「牛角」を猛追「焼肉きんぐ」300店舗突破で急成長の理由

 コロナ禍でも快進撃を続け、今年4月には300店舗を達成し業界トップの「牛角」を射程圏内に捉えた「焼肉きんぐ」。郊外に多くの店を構える食べ放題の焼肉チェーンはファミリー層から圧倒的な支持を得ているというが、その人気の秘密はどこにあるのか。

 経済ジャーナリストが語る。

「焼肉きんぐを運営する物語コーポレーションが8月10日に発表した23年6月期の連結業績(22年7月~23年6月)では、好調だった前期からさらに25.9%増となる922億円の売上高を記録しています。同社はラーメンチェーン『丸源ラーメン』なども展開していますが、売上高のうちの半数以上となる488億円は焼肉部門といいますから、焼肉きんぐの好調ぶりが窺えます」

 同チェーンは2007年に1号店をオープンさせ、19年6月期末時点で223店舗まで店舗を増やしているが、23年6月期末時点では305店舗と、コロナ禍以降に急成長しているのが分かる。なお、業界首位の「牛角」は現時点で565店舗と焼肉きんぐよりも260店舗も多いのだが、実質、すでに売上高では焼肉きんぐが牛角を上回っていると言えるのだ。

「人気の理由は、ありそうで無かった『焼肉食べ放題の専門店』という点が第一に挙げられますが、特にコロナ禍に成長した理由としてはロードサイド店であることと、座ったまま注文できることが大きかったと思います。同じく焼肉の食べ放題の『すたみな太郎』はビュッフェスタイルだったため、衛生面への懸念もあってコロナ禍に大きな打撃を受けました。肉きんぐはテーブルオーダー制だったことから安心感を得られていただけでなく、高齢者や小さな子どものいる親子連れも利用しやすかったことから、ファミリー層の利用が急激に広がっていったのです。また家族4人で利用しても1万円以下になるような価格設定にされ、原価率は4割と他の飲食店より高めに設定していることから満足度が非常に高く、リピーターが多くなっていると言えます」(フードジャーナリスト)

 店舗数でも牛角を抜き去り、完全なる業界No.1となる日も近いか。

(小林洋三)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった