スポーツ

日本ハムで「清宮幸太郎不要論」が増幅中!キャンプ故障不在で「戻ってきても居場所が…」

 対外試合が好調の新庄・日本ハムで、清宮幸太郎の不要論が日増しに高まっている。北海度のテレビ局関係者は、現状について次のように話す。

「清宮は先乗りしていた沖縄県名護市の自主トレ中に、足を滑らせて転倒。左足関節捻挫で、実戦復帰まで約5週間といわれました。順調に回復しているようですが、実際の実戦復帰は3月後半になりそう。戻ってきても今のチームに居場所はないかもしれませんね」

 清宮は入団以降、長距離砲として期待されてきた。だが昨季は万波中正が大成長し、自己最多の25本塁打王を放った。さらに今季からはメジャーで108発の実績があるフランミル・レイエスを、各球団との争奪戦を制してチームに招き入れている。

 メジャーリーグ時代のレイエスの打撃は安定感に欠ける部分があり、新庄剛志監督も、

「シーズンが始まった瞬間、30打席ノーヒットみたいなパターンもあるから」

 と話すが、それは清宮も同じだろう。

 清宮は故障が多すぎる選手。2019年はオープン戦で手首を負傷し、実戦復帰に2カ月以上かかっている。昨年も4月20日のロッテ戦でハーフスイングをした際に、左脇腹を痛めて途中交代。左腹斜筋挫傷で、復帰したのは6月に入ってからだった。

 結局、この出遅れが響き、出場は99試合にとどまる。規定打席に到達せず、打率2割4分4厘、10本塁打、41打点に終わっている。数字だけを見れば、レギュラー定着にはほど遠い。スポーツ紙遊軍記者も、

「確かに人気はあるが、その程度の選手はゴロゴロいる。もう土壇場の選手だと思いますよ」

 と分析する選手だ。

 日本ハムは昨オフ、甲子園のスターでドラフト1位投手の吉田輝星を、オリックスに放出している。いくら人気選手でも、チーム力アップのためには優遇することはないチームだ。

「さすがに故障明けですから、シーズン中の戦力外扱いや移籍はないでしょう。でも昨年までのような成績なら、どうなるかからない。トレード要員や現役ドラフトのリストに入れられる可能性は十分にありますね」(前出・遊軍記者)

 スター性があり、潜在能力は疑うべくもない。だが、大化けするには環境を変えてあげるのも、球団としての親心かもしれない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」