スポーツ

夏の甲子園「伝説の激戦」“1982年《徳島・池田VS東京・早稲田実業》”

20150813c5th

1982年(第64回大会・準々決勝)

池田(徳島)14-2 早稲田実業(東京)

 1年生で背番号11をつけ、甲子園で準優勝を果たした早実の荒木大輔は、「大ちゃんフィーバー」を巻き起こして甲子園の人気者になった。以来、可能性のある5季全てに甲子園出場を果たし、「アイドル」であり続けた。そして最終学年の夏、早実はチームも充実し、優勝候補にあげる人も少なくなかった。その荒木がいた早実の最後となったのが、ベスト8で当たった池田との試合である。

 金属バットの特徴を最大限に生かして高校野球を変えたとまで言われている池田は、エースで4番の畠山準と1年下の水野雄仁や江上光治らが思い切りよくバットを振ってくる。この試合で池田は、毎回全員の20安打と、荒木の球をおもしろいように打ちまくった。「キーン」という甲高い金属音が甲子園に響きまくり、メディアはそれを「やまびこ打線」と称した。その中核でもある水野は、リリーフ登板した石井丈裕からの満塁弾を含め、2本塁打を放っていた。

 こうして甲子園の人気者は、荒木から阿波の金太郎・水野へと引き継がれていくことになる。その引き継ぎとでもいうべき試合は、アイドルをもののみごとなまで粉砕する形で、やはり伝説となったのである。

 その早実に今夏、1年生の清宮幸太郎という新たなスターが誕生した。どんな伝説を残してくれるのか、あるいは何も残さずに甲子園を去っていくのか‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!