社会

石原都知事は知らない 首都高速「震度6で大崩落」の驚愕実態(3)走行中の車が次々と落下!

 暴露話に背筋が寒くなった2人ならずとも、この告白にアッケにとられるのはむべなるかな、である。
「あの頃はどこの現場でも似たようなことをやっていた。え、首都高はそんなにもろいのかって? 現場監督として実際に首都高を造った俺が言うんだから間違いない」(元現場監督)
 石原慎太郎都知事(79)やその参謀である猪瀬直樹副知事(65)、さらには都の防災担当者など、かねてから首都高の安全性に疑念を抱いていたとされる面々ですら思い及ばぬ、仰天の手抜き実態。だが手抜き工事は、元現場監督が吐露した内容だけにとどまる話ではなかった。構造物の耐震基準や耐震構造、構造計算などに関わった旧建設省OBも、
「当時は高度経済成長がテイクオフし始めた頃で、首都建設へ向け『造って造って造りまくれ』の時代だった。したがって、施工検査もロクに行われず、鉄筋が正しく配されていない、生コンを固める養生期間が十分でない、生コンの骨材となる砂利が一部に偏ってしまっているなど、施工上の手抜きが横行していた。首都高で言えば、橋脚を支える基礎杭が支持層まで打ち込まれていないケースもあったと聞いている」
基礎杭を巡る問題点についてはつい最近、民放の報道番組に出演した猪瀬氏も、首都防災や道路整備を担当する副知事としての立場から、「基礎杭が支持層まで届いていない可能性がある」と発言している。旧建設省OBが続ける。
「橋脚の強度が足りなければ、キラーパルスの揺れによって、橋脚は橋桁もろともに大崩落する。同様に、一部の基礎杭が支持層まで打ち込まれていなければ、沈下する橋脚とそうでない橋脚とによるねじれによって、構造物全体が破壊されてしまう。その結果、首都高を走行中の車が次々と落下、その衝撃で爆発、炎上し、それがさらに下道の車列に燃え広がるという大惨事にもなりかねない」
 平時ですら、タンクローリーが1台、首都高上で横転、炎上しただけでも、鉄筋や鉄骨などの構造部材が熱で変形してしまうのだ。これが大地震ともなれば、随所でタンクローリーが落下、爆発、炎上し、周辺をも巻き込んだ地獄絵図が展開されることになる。
 まちづくり計画研究所所長として、全国各地の防災対策に携わっている、危機管理ジャーナリストの渡辺実氏も、
「それほどまでに手抜きが横行していたとすれば、懸念される首都直下型地震の最初の一撃とともに、首都高は一瞬にして崩れ去ってしまうかもしれません」

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
工藤静香、Koki,との母娘写真公開で噴出した「憐れみ」と「批判」!
2
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
3
竹内結子、「ストロベリーナイト」出演中の新婚夫のために主役を譲っていた!?
4
また熊本絡み?藤原紀香、「阿蘇山噴火が心配」コメントも批判殺到したワケ!
5
加藤綾子にフジ局内から今になって聞こえてきた「後悔の声」とは?