芸能

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(1)

石原さとみに込められた「聡明な芸能界の原石」
柴咲コウ「本名が地味すぎ」で漫画から拝借した

 芸名には、他人がうかがい知れない本人たちの〝こだわり〟や〝美学〟がかいま見える。そんな有名人たちの意外な由来を発掘してみよう。

 最近では、女性タレントを中心に外国人のような名前が花盛り。その中でも理解不能と言われているのが、きゃりーぱみゅぱみゅ(19)だろう。もともと読者モデルからブレイクした彼女だが、デビュー前のアダ名が外国人の名前をもじり、そこから〝尾ひれ〟が付いた形だ。
 雑誌編集者が言う。
「彼女は以前から、金髪で外国人を意識したファッションをしていたことから、付いたあだ名が『きゃりー』。それに、お笑いコンビ『サバンナ』の八木真澄の一発ギャグ『ぱみゅ』をトッピング(付け加えた)したそうです。八木の『ぱみゅ』の意味は、本人もわかっていないが、響きのかわいさを重視した今どきの芸名の典型ですね」
 こうしたお気に入りのフレーズやキャラクターから拝借するケースは、少なくない。
「漫画のキャラクターにあやかるケースもあります。例えば、『しょこたん』こと中川翔子(27)もその一人。『翔』の字は、敬愛する漫画家・楳図かずお氏の『漂流教室』の主人公・高松翔から頂戴している。本名は中川しようこ。『ょ』ではなく『よ』なのは、出生の際、『薔子』という字が役所で認められず、怒った伯母が殴り書きして提出したためのようです」(芸能記者)
 他にも、女優の柴咲コウ(30)は本名が地味すぎて「ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット」(かわかみじゅんこ作)のヒロイン「柴崎紅」から取っているほか、女優のミムラ(27)は、「名作『ムーミン』の人気キャラ『ミムラ姉さん』に由来しています」(テレビ誌記者)
 さらに、デビュー作の役名をそのまま芸名にしたのが奥菜恵(32)。92年、フジテレビドラマ「パ★テ★オ」に出演した際の役名を事務所スタッフが気に入って、そのまま使っているという。
 一方、めっきりイイ女になったと評判の石原さとみ(25)は、本名かと思いきや、所属事務所のこんなこだわりが込められていた。
「石原の芸名は、よく『石原裕次郎さんからいただいた』と言われたりするが、実際は芸能界の原石であるとして、名字は『原石』を逆にして付けられた。また、名前は『聡』明で『美』しい人であれという意味の『聡美』を平仮名にして命名されました」(事務所関係者)
 女優・小沢真珠(35)の由来も負けてない。スカウトした事務所スタッフが「まるで真珠のように輝く大きな瞳」と絶賛して芸名にしたという。
 一方、こうしたこだわりとは、無縁なケースもある。ここでは「直感型」としよう。代表的な例では女優の北乃きい(21)。名前の「きい」は、所属事務所の社長が北乃と会った瞬間に「黄色いイメージがある」とひらめいたことから名付けられた。
「げんきいっぱい」の〝きい〟という意味づけまで浮かんだというが、何とも安易なネーミングだ。
 さらには、こんなケースも‥‥。
「プロ野球・ソフトバンクの斉藤和巳と結婚したおバカタレントのスザンヌ(25)に至っては、番組スタッフの『キミはスザンヌって顔だ』のひと言で決定した」(放送担当記者)
 まさに、おバカタレントの〝原点.は、芸名の命名時にまで遡っていると言えそう(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明