芸能

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(1)

石原さとみに込められた「聡明な芸能界の原石」
柴咲コウ「本名が地味すぎ」で漫画から拝借した

 芸名には、他人がうかがい知れない本人たちの〝こだわり〟や〝美学〟がかいま見える。そんな有名人たちの意外な由来を発掘してみよう。

 最近では、女性タレントを中心に外国人のような名前が花盛り。その中でも理解不能と言われているのが、きゃりーぱみゅぱみゅ(19)だろう。もともと読者モデルからブレイクした彼女だが、デビュー前のアダ名が外国人の名前をもじり、そこから〝尾ひれ〟が付いた形だ。
 雑誌編集者が言う。
「彼女は以前から、金髪で外国人を意識したファッションをしていたことから、付いたあだ名が『きゃりー』。それに、お笑いコンビ『サバンナ』の八木真澄の一発ギャグ『ぱみゅ』をトッピング(付け加えた)したそうです。八木の『ぱみゅ』の意味は、本人もわかっていないが、響きのかわいさを重視した今どきの芸名の典型ですね」
 こうしたお気に入りのフレーズやキャラクターから拝借するケースは、少なくない。
「漫画のキャラクターにあやかるケースもあります。例えば、『しょこたん』こと中川翔子(27)もその一人。『翔』の字は、敬愛する漫画家・楳図かずお氏の『漂流教室』の主人公・高松翔から頂戴している。本名は中川しようこ。『ょ』ではなく『よ』なのは、出生の際、『薔子』という字が役所で認められず、怒った伯母が殴り書きして提出したためのようです」(芸能記者)
 他にも、女優の柴咲コウ(30)は本名が地味すぎて「ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット」(かわかみじゅんこ作)のヒロイン「柴崎紅」から取っているほか、女優のミムラ(27)は、「名作『ムーミン』の人気キャラ『ミムラ姉さん』に由来しています」(テレビ誌記者)
 さらに、デビュー作の役名をそのまま芸名にしたのが奥菜恵(32)。92年、フジテレビドラマ「パ★テ★オ」に出演した際の役名を事務所スタッフが気に入って、そのまま使っているという。
 一方、めっきりイイ女になったと評判の石原さとみ(25)は、本名かと思いきや、所属事務所のこんなこだわりが込められていた。
「石原の芸名は、よく『石原裕次郎さんからいただいた』と言われたりするが、実際は芸能界の原石であるとして、名字は『原石』を逆にして付けられた。また、名前は『聡』明で『美』しい人であれという意味の『聡美』を平仮名にして命名されました」(事務所関係者)
 女優・小沢真珠(35)の由来も負けてない。スカウトした事務所スタッフが「まるで真珠のように輝く大きな瞳」と絶賛して芸名にしたという。
 一方、こうしたこだわりとは、無縁なケースもある。ここでは「直感型」としよう。代表的な例では女優の北乃きい(21)。名前の「きい」は、所属事務所の社長が北乃と会った瞬間に「黄色いイメージがある」とひらめいたことから名付けられた。
「げんきいっぱい」の〝きい〟という意味づけまで浮かんだというが、何とも安易なネーミングだ。
 さらには、こんなケースも‥‥。
「プロ野球・ソフトバンクの斉藤和巳と結婚したおバカタレントのスザンヌ(25)に至っては、番組スタッフの『キミはスザンヌって顔だ』のひと言で決定した」(放送担当記者)
 まさに、おバカタレントの〝原点.は、芸名の命名時にまで遡っていると言えそう(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣