芸能

天才テリー伊藤対談「永野」(3)30代の頃は本当にヤバい状態でした

20160929q

テリー じゃあ、しがみついてたホリプロを辞めちゃったのはどうして?

永野 所属して5年たったある時、初めてマネージャーさんに飲みに誘われたんですよ。事務所の近くの居酒屋で、「上はお前が後輩たちに悪影響を与えると言っている。お前をクビにさせたくないから、お前から『辞めさせてください』と言ってくれ」って泣かれたんです。

テリー すごい話だね。

永野 で、「俺はお前のことが好きだから、いつでも電話してこい」って言われたので、翌日いつもどおりに電話したら、いきなり塩対応で。その時、業界の冷たさを感じました。忘れもしない、28歳の時です。

テリー それは傷つくなァ。しかも、そのくらいの年齢だと、宮崎の友達も仕事でいいポジションに就いてたりして、焦りも出るよな。

永野 だからその時は、地元の人に「あきらめて帰ってこい」って、けっこう言われましたね。「30歳まで」みたいに期限を決めて活動してる芸人仲間もいましたし。でも僕、たぶんやめられないタイプの人間なんですよ。もし今、こういう状況になっていなくても、お笑いは続けていると思います。

テリー とはいえ、そんな形で解雇されて、当時は精神的にも、生活もキツいよね?

永野 そうですね。その4年後に今の事務所に入るんですけど、その間に僕、出会い系サイトのサクラのバイトをしてたんですよ。

テリー ああ、そういう系統はバイト代もいいしね。

永野 そこに、どう見ても悪そうな、いかにもチャラチャラ遊んでそうな若者たちがいたんですね。でも、彼らのほうが僕よりもよっぽどちゃんと働いてるんですよ(笑)。上司とのコミュニケーションも上手だし、パソコンもブラインドタッチで打てたり。それはけっこう衝撃的でしたね。

テリー それ、わかるよ。「お笑いはウケない、普通の仕事にも就けない。俺はいったい何なんだ?」みたいな気になるよな。

永野 かといって、ハングリー精神みたいなものがあるのかというと、これがまた全然ないですしね。あの頃は本当にヘコみました。

テリー こういう人生がずっと続くんじゃないか、という不安もあった?

永野 ありましたね。だから僕、30代はテレビをほとんど観てないんです。

テリー それは悔しくて?

永野 そうですね。「テレビなんかつまんねえや」と思って。観たところで、今ならおもしろいと思えるようなことも全然おもしろく感じられなかったんです。

テリー それ、ちょっとヤバい状態だよね。

永野 死にたいと思ったことはないですけど、寝る時に「このまま目覚めなければいいのに」みたいに思ったことがありましたね。

テリー そうか。現在のブレイクまで、そこからさらに10年くらいの時間がかかるわけだしね。

永野 ええ。変なことばかりやっていたので、おかげさまで、ライブとかでは一部でマニアックな人気があったんです。そのせいか、「あなたの芸はテレビ向きじゃないから」って言ってくる人もいたりして、それが本当につらくて。

テリー でもさ、逆にそれだけの時間があったから、世の中の人が普通のお笑いに飽きて、「あ、こういうお笑いもアリだよね」と永野さんのネタが市民権を得たわけじゃない。この時間は、決してムダではなかったと思うけどね。

永野 ありがとうございます。そう言っていただけるとホッとします(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!