芸能

河合奈保子 甦る「豊満バスト」伝説を大発掘!(3)揺れて呼吸ができなくなる

20160929n3rd

 魅力のバストは、しかし本人にとっては最大のコンプレックスだったという。

「子供の頃から『大きい』と言われ続けたせいです。スタッフたちに『奈保子の前で胸がデカいという話題は絶対出すな』と指令が出ていたほど。胸の重みによる肩凝りは重症で、しょっちゅう目頭やコメカミを押さえて自分でマッサージしていました」(制作プロデューサー)

 肩凝りや目の疲れは、極度の近眼だった影響でもある。だが、当時はまだコンタクトレンズの質も悪く、かといって人前で眼鏡をかけることもできなかった。これもアイドルに制約が多かった、80年代ならではだろう。

「人の顔がボヤケて判別できなかったせいで、挨拶したのに無視されたと感じてしまうような人もいました。一時期、関係者の間では『挨拶もできない高飛車な女』という評判が流れてしまったんです。現場に入ると、事務所の人がピッタリと寄り添って、誰かが来ると耳元で『○○さんが来たから挨拶しなさい』とささやいていました」(前出・制作プロデューサー)

 今の時代なら、バラエティでのネタにするところ。しかし当時のアイドルは、現代よりもはるかに厳しくファンから清純さを求められており、苦労を公言することもできなかった。歌唱力に定評があった河合だが、超巨乳はその歌唱に悪影響を与えていたという。

「あれだけ大きいオッパイだと、歌いながら胸が揺れて呼吸ができなくなってしまうことがあるそうなんです。これもコンプレックスに感じる原因の一つだったようです」(レコード会社社員)

 当時のアイドルは、地方でのイベントやコンサートといった営業も頻繁に行っていた。80年代のコンサート事情を知るベテランのプロモーターが、貴重なオフショットの目撃エピソードを明かしてくれた。

「地方でも常にがっちりガードされていて、ステージが終われば宿舎に直行でした。食事もほとんどはホテル内のレストランで済ませていました。ふだんでもテーブルが少し高さのあるものだと、すぐにテーブルの上にオッパイを乗せて『こうすると、スゴく休まるの』と、無邪気に笑っていましたね」

 食事が終わると、すぐ部屋に帰りたがったというが、これも別にオトコを引っ張り込んでいたわけではない。

「早くお風呂に入りたかったからだそうです。オッパイの下にかいた汗は、ブラを取って裸にならなければサッパリできません。湯船に入ると、お湯の浮力でオッパイが浮いて楽になる(笑)。この解放感に浸るのがストレス解消法だったようです」(前出・レコード会社社員)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”