芸能

水谷豊が反町隆史の軽薄演技に嫌気?「相棒」最低視聴率で聞こえる不協和音

20161110mizutani

 高視聴率を誇る水谷豊主演ドラマ「相棒シーズン15」(テレビ朝日系)の第5話が11月9日放送され、平均視聴率が13.6%だったと発表された。前回比1.7ポイントのダウンで、今シーズンの最低記録となってしまった。つまり“相棒落ち”した視聴者が増えたということだ。

 テレビ誌のライターは「深刻な状況が起きている」という。

「以前は、ネット上で放送を観ながら感想を言い合うトピックスが毎回立っていましたが、なぜかシーズン15からはなくなりました。また、番組の感想欄を見ても『録画したけど消した』『観るのをやめた』『もう、ワクワクしない』など、“『相棒』離れ”が加速しているように思います」

 その原因はどこにあるのだろうか?

「まず、相棒である反町隆史演じる冠城亘との掛け合いが、歴代の相棒より少なく感じます。以前は、亀山や神戸、甲斐との会話の中で事件解決の糸口を見つけていましたが、今は杉下1人という気がします。第5話にしても、冠城1人が老人ホームに残り裏取りをしますが、この時すでに事件の全貌は杉下には見えている。2人で解決しているように見えないんです。また、鑑識の米沢さんがいなくなったことで、“捜一”との絡みも『捜査に首を突っ込むな』だけの一本調子。やはり“米沢ロス”は大きいように思えます」

 だが、芸能記者は「水谷と反町の関係性が問題」と話す。

「水谷は、反町の大袈裟な演技やコミカルな演技に嫌気がさしているんですよ。それで、距離を置くようになったと聞いています」

 1週間がもどかしく思えるほど視聴者を楽しみにさせていた「相棒」。あのワクワク感をぜひ取り戻してほしいものだ。

関連記事:水谷豊に嫌気が差して出演辞退?六角精児「相棒」降板スピーチの深意 http://www.asagei.com/excerpt/61690

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故