政治

元国会議員秘書が告発!文科省天下り「激ウマ実態」(2)文教協会役員は元大臣秘書官

20170223t2nd

 そんなA氏の働きぶりについて、H大学の関係者はこう話していた。

「大学には毎日来ていますよ。個室をあてがわれていて、だいたい昼くらいに来て、新聞を読んで2時間くらいで帰っていきますね」

 具体的な報酬の額まではわからないが、あの慌てぶりから想像するに、決して安い額ではなかったのだろう。結局、このOB同士のポストの奪い合いによってA氏は顧問の職を解かれ、のちに任意団体の代表に就任。大学関係の人脈を生かし、しばらくは私学向けの経営セミナーなどで金集めに奔走していたようだ。

 さて、一連の問題でクローズアップされた「文教協会」の役員であるB氏も旧知の仲だ。地方大学の事務局採用という典型的なノンキャリアだが、「国会連絡室」の室長として官僚と国会議員とのパイプ役を担い、文部科学大臣の政務担当秘書官を務めた経歴を持つ。

 B氏をよく知る関係者はこう評する。

「交渉力に優れ、政治的なセンスも抜群だった。文教関係の団体からの陳情や要望を手際よくさばき、大臣の信頼も厚かったそうです。当然、大学側からは補助金の上乗せを頼まれることもあったでしょうね。この秘書官時代に全国の大学にパイプを築いたんです」

 かくいう筆者もB氏の人脈に救われたことがある。

「大学院で博士号を取ったが、就職先がない。先生のお力で何とかなりませんか」

 ある時、こんな相談が議員事務所に持ち込まれた。下手を打てば大ヤケドしかねない「口利き」は秘書の“汚れ仕事”である。さっそくB氏に相談すると、ある関西の大学名をあげて、

「いいですよ。理事長を知っていますから当たってみましょう」

 と嫌な顔ひとつせずに快諾してくれたのだ。

 内閣官房の調べでは、13年4月以降の3年間で、50人以上が文科省から大学に再就職している。B氏が「文教協会」の役員として、あっせんに関与していたとしても不思議ではない。

 天下り先は大学とは限らない。教育従事者向けの共済組合もうまみのある受け皿の一つだ。前出のB氏も「文教協会」に入る前に理事として在籍していた。

「共済組合では週に2回ほどの勤務で年間1000万円近い収入を得ていたと言われています。また、数年間勤めた組合を辞める際にも、ほぼ同額かそれ以上の退職金を手にすることができます。こうした“ワタリ”を繰り返して、退官後に5000万円以上の収入を得ることも珍しくはありません」(共済組合関係者)

 キャリア組のトップ官僚ともなると、天下り先の“格”もだいぶ違ってくる。

「事務次官クラスの天下り先といえば、放送学園大学の理事長職が定番でした。80年代半ばから元事務次官が歴任し、その慣習は11年に御手洗康元事務次官がやめるまで続きました。同大学には文科省から年間約60億円の補助金がつぎ込まれていたこともあって、年額2000万円近くもの報酬が約束されていたと聞いています。また、文科省の外局である文化庁の長官は、退官後に国立科学博物館の館長に天下るのが通例でした」(文科省関係者)

 国立科学博物館が公開した資料によると、15年度の館長の年間報酬は1929万円だった。

朝倉秀雄+週刊アサヒ芸能特別取材班

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!
5
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた