スポーツ

祝!銅メダル カーリング娘たちの魅力に迫る!(2)明石家さんまは藤澤五月に夢中

 開幕前はメダル候補に数えられなかったカーリング娘だが、もとより美人度では潜在人気が高く、滑り込み絶好調でメダルを獲得するや、注目度はうなぎ登り。この人気者を芸能界が指をくわえて見逃すはずがない。

 スポーツ紙芸能デスクが、拡散する“そだね~現象”について解説する。

「有吉弘行やさまぁ~ず・三村マサカズがツイッターで『そだね~ジャパン』をほめたたえていました。このほか、帰国後に選手と偶然遭遇したサンドウィッチマン・伊達みきおは〈テンション上がって写真とってもらいました〉などメロメロの顔で撮った記念写真をブログで公開しています」

 もはや、芸能人をも虜にするLS北見だが、今や人妻のマリリンこと本橋麻里(31)が10年バンクーバー五輪に「チーム青森」で出場しながらも予選敗退8位に惨敗した雪辱を果たすために、鈴木夕湖(26)、吉田夕梨花(24)ら故郷・常呂町の出身選手とともに立ち上げた地元密着チームだ。その後、14年ソチ後に「北海道銀行」を戦力外となった吉田の姉・知那美(26)、そして15年に「中部電力」から藤澤五月(26)を獲得し、現在のメンバーを結集させた。

「チームを設立した当初の本橋の資金集めの苦労は語りぐさです。選手はそれぞれ藤澤がコンサルティング会社、吉田姉が中古車販売、鈴木が体育協会、吉田妹が病院など地元で普通のOLをしながら活動を続けている。年収は300万円以下で支援企業などに遠征費、食費などを補填してもらいながら食いつなぐ清貧アスリートだったんです。だからこそ人気が沸騰した今は、4年後の北京五輪に向け、芸能活動で露出度を高めてチームのスポンサーを拡大したいでしょう」(アマチュア担当記者)

 その急先鋒として、需要が高まっているのが、チームでは最終ストーンを投じるスキップ・藤澤だ。

「その清楚な美貌は韓国人気女優のパク・ボヨンに似ていると話題になり、現地でもサイン攻めにあっていたほど。地元・東亜日報では平昌五輪の『男心を撃つ10大美女』の一人に選ばれました。日本でも木村文乃や永作博美に似ているなどと、その美女ぶりが話題となっているだけに、今後テレビでの露出も増えそうです」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 平昌入りしたライターのシン上田氏は、藤澤のボディについて目を輝かせて語る。

「寒い氷上での競技なだけに、お尻や太腿などが全体的にムチムチと肉感的な印象でした。試合中、選手はブラシで激しく氷をこするため暑くなって、ウインドブレーカーを脱いでTシャツ姿の上半身を見せるのですが、藤澤選手だけはなぜか脱がないんです。その下に隠されたナイスボディを思い浮かべ、興奮状態でしたよ」

 まさに今が旬。なんとお笑い界の帝王までもが、藤澤スマイルを間近で拝みたいとイレ込んでいるというのだ。

「明石家さんま(62)が『藤澤五月にゾッコン』だと周囲に漏らしているんです。『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)など、トーク番組のゲストに呼ぼうと意気込んでいる。出演してもらう最も有力な時期は、カーリングがオフシーズンとなる夏です。そのため、毎年恒例となっている『27時間テレビ』(フジテレビ系)でさんまがお気に入り美女に順位を付けて発表する『ラブメイト』に選抜し、共演を目指していると言われています」(バラエティ番組関係者)

 さんまが太鼓判を押せば、テレビで荒稼ぎする日も近いかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」