芸能

吉永小百合の「過去・現在・未来」(1)駅の公衆トイレで着替えて…

 まもなく73歳の誕生日を迎える「永遠の清純派スター」が、精力的に全国を回っている。通算120作目となる出演映画「北の桜守」のキャンペーンのためだ。ベールに包まれた顔、そして今なお熱狂的な「サユリスト」を持つカリスマ。この節目に至るまでいかなる道を歩み、どんな「この先」が待っているのか──。旧知の作家が秘史の扉を開く。

「まみさんと私は赤い糸で結ばれているんです」

 吉永小百合(72)がそう挨拶したのは、1990年6月に東京・銀座で催された私、中平まみの作家デビュー10周年の宴の席。78年9月、元日活映画監督で、小百合主演の映画を何作も撮った私の父・中平康の葬送の場で会って以来の対面だった。

 熱烈な「サユリスト」、そしてファンクラブの会員でもあった私は、自宅に招いたりはもとより、手紙、ファクス、時には取材などで、ある時まで小百合と交流を重ねてきた──。

 11歳でラジオドラマ「赤銅鈴之助」の声優として芸能界デビュー、15歳で日活に入社した小百合の女優としてのルーツは、子供時代にある。小学生の時、医療少年院に出向いての学芸会の劇。そこでお母さんウサギの役を演じたら、少年たちが涙を流して見てくれた。それが最初の快感、カタルシスを覚えた体験だった。

 日活入社前、初めての映画出演は、「朝を呼ぶ口笛」(59年・松竹)。新聞配達少年を励ます少女の役だったが、この頃、吉永家は貧しく、米びつがほとんど空になることもあったほど。まさしく極貧だったのだ。だから税務署が自宅に、家財道具などを差し押さえる赤札をベタベタと貼りに来たことも。

 そんな生活の中で、小百合は芸能活動を開始し、文字通り、家計を助けていた。吉永家は、彼女の支えがなければどうなっていたことだろう。

 そして父親の知人が日活の上層部にいた縁から、小百合は面接を受けに行くことになる。中学の卒業式の日、駅の公衆トイレで着替えた小百合は、精一杯大人っぽくしようとして口紅を引き、黒いタイトスカートに赤いブラウス、ハイヒールで向かったという。

 日活に入社すると、年に十何本という猛烈な映画出演契約が待っていた。まだ接吻も知らない頃、台本にキスシーンがあり、自宅に帰って玄関でワーワー泣いたこともあった。結局、その監督は「この子にはやっぱり(キスシーンは)無理だ」と言って、やめることになる。

 私が思うに、小百合のピークと言っていいのは、まだ20歳前後だった「若い人」(62年)、「泥だらけの純情」(63年)、「光る海」(63年)あたりの頃(ちなみに後者2作品は、私の父が監督)。

 当時、共演した浜田光夫(74)とは「純愛コンビ」と銘打たれ、随分と話題になった。お互いが演技をしやすいピッタリの相手であり、二人が組み合わさると、シリアスなものから喜劇っぽいものまで、その相乗効果はすごかった。いい作品といい役に恵まれ、日活も力の入れようが違う。とにかく小百合を売ろうと懸命だった。だから小百合もどんどん成長していったのだ。そう、あの「事件」が起きるまでは‥‥。

 小百合は「愛と死の記録」(66年)で浜田と共演するはずだった。ところが──。

 酒好きの浜田が先輩俳優とロケ先で飲みに出かけた際のこと。その先輩が酔っ払いに絡まれ、電気スタンドで殴りかかられた。その時、電球の破片が浜田の眼球を直撃。病院に担ぎ込まれた浜田に、医師は「眼球摘出だ」と言う。浜田は当然、「いや、それだけは勘弁してほしい」と。

 小百合が病室に見舞いに訪れると、浜田の顔は包帯でぐるぐる巻き。想像を超える姿に、小百合は大きなショックを受けたのだ。

 浜田は「愛と死の記録」を降板。代役に起用されたのが渡哲也(76)だった。

 小百合は貴重な相棒を失った。浜田はその後、復帰したが、もう以前のようではなかった。本人曰く、

「目で訴えかける演技ができなくなった」 

中平まみ(作家)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!