スポーツ

「練習の虫」フィギュア宮原知子をも怒鳴りつける濱田美栄コーチの“鬼素顔”

 3月4日放送の「情熱大陸」(TBS系)では、フィギュアスケートの宮原知子選手や本田真凜選手のコーチである濱田美栄氏が取り上げられた。選手を指導し、支える濱田コーチの素顔に対して、スケートファンから驚きの声が上がっているという。

「濱田コーチはにこやかで、少しおっとりと感じられるしゃべり方、という印象がありましたし、やさしい雰囲気を漂わせるイメージを持つ視聴者も多かったと思います。しかし、リンクで生徒たちを怒鳴りつける様子や、習っている子どもたちのほとんどが『先生は怖いと思う』と手を挙げる場面には驚きました。もちろん五輪選手を育成する指導者ですから、練習が厳しいのは当然です。しかし“練習の虫”である宮原選手にさえ、次々と怒声が飛ぶんです。宮原選手クラスなら、ある程度自主性に任せて適宜アドバイスを送る、羽生結弦選手のコーチであるブライアン・オーサーのような指導をイメージしていたので、ビックリしました」(女性誌記者)

 そんな濱田コーチのもとで、人一倍練習を積んできたからこそ、宮原選手の力が培われたのだ。

「濱田コーチも、素直にコーチの言うことを聞ける子が伸びると答えていました。自分の意見を言うのはある程度以上の力をつけてから。それまでは『違う』と思っても、素直に従うことは大事なことなのだ、というのが、濱田コーチの考え方なんです」(前出・女性誌記者)

 宮原選手も、別の取材でコーチの言うことには素直に耳を傾けると言っている。まさに濱田コーチの理想の生徒でもあるわけだ。

 そこへ行くと、10月のGPカナダ大会で、厳しく指導する濱田コーチを激怒させ「私は近所のおばちゃんじゃなくてコーチなので」と言わせてしまった本田真凜選手の我の強さも相当なものなのかもしれない。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」