社会

私たちはこうして末期ガンから生還した!(2)元の生活に戻れば再発する

 佐々木さんがわらをもつかむ思いで訪ねた会というのが、やはり末期ガンから生還した川竹文夫さん(71)が代表を務めるNPO法人「ガンの患者学研究所」(045-962-7466)である。97年の会設立以来、会員の300人を超す人たちがガンを克服している。

「私はNHKに勤務し、ディレクターをしていた。絵に描いたような不眠不休、暴飲暴食の生活でした。職場でも先輩、上司たちが次々とガンを発病。みな、大病院で名医の治療を受けましたが、治った人は1人もいませんでした。そうした中で私も発病。90年、右腎臓ガンで全摘手術を受けました」(川竹さん)

 退院後、「ガンは自然治癒する」という情報が入り、海外ロケも含め2年をかけて取材。現代医療から見放されながら「自分で治した」末期ガン患者たちを取材し、「人間はなぜ治るのか」を制作した。大反響を呼んだものの、川竹さんは再発した。

「そもそも最初から、3年以内に脳と肺に転移すると言われていた。そして手術から2年後、腎臓ガンが再発したんです。何度眠れぬ夜を過ごしたかわからない。治す方法を模索しました。そして私は、末期ガンから生還した人たちの共通点を導きだし、それを日々の生活に取り入れることを考えたんです。みんな、元のままの生活に戻って再発していました。それを変えればいいんです。結果、私はすぐに再発したガンを克服できた」(川竹さん)

 副代表を務める鎌田進さん(51)も、やはり29歳の時に睾丸ガンの最終ステージから生還している。

「大きくなるまで気づかなかった。結局、手術して片方を取りました。卵大でした。その後、仕事に復帰。転移はありませんでしたが、頭の中では、転移するもんだと思っていた。退院後、最初こそ仕事をセーブして生活や食事に注意し、玄米菜食で劇的に体調がよくなりましたが、だんだん生活は元のハードなものに戻っていきました。そして8年後の英国留学中に再発したんです」(鎌田さん)

 鎌田さんは、今度こそ本気で治そうと、ライフスタイルを根本的に変える決意をしたという。

「生活を改善しようと、残業を拒否しました。何より大事なのは自分の人生ですからね」(鎌田さん)

 穏やかな生活は、鎌田さんの体を回復させた。3カ月もすると、腫瘍は消えてなくなったという。

 川竹さんが力説する。

「ガンは長年にわたる間違った生活習慣が原因で引き起こされた病気。ガンは氷山の一角で、水面下に隠された原因である、心の持ち方の乱れ、食事の乱れ、ライフスタイルの乱れを徹底的に取り除かなければならない。ガンという結果を取り除くだけではダメ。原因を放置したままだから再発や転移が起こるんです。ガンは末期だろうが治る。自分の努力でガンを治した人は、以前よりも心身ともにはるかに健康で幸せな人生が送れるようになります」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?