スポーツ

ツアー初優勝の大坂なおみ、今大会前までの人生分を一気に稼いでいた!

 大坂なおみがツアー初優勝! それも“第五のグランドスラム”と呼ばれ、40万人以上の観客を集める人気大会のBNPパリバ・オープンで達成という快挙となった。今大会では元世界1位のマリア・シャラポワ、そして現女王のシモナ・ハレプを破り、計7試合で1セットしか失わないというすさまじい勢いで頂点を勝ち取った。

「今回の優勝賞金は約134万ドル(約1億4000万円)で、プロ転向後の5年間で稼いだ生涯獲得賞金の148万ドルに匹敵する金額です。もし準優勝に終わっていたら65万ドルあまりだったので、決勝の1試合で70万ドル近くを稼いだ計算になります。プロテニスの賞金は1試合勝ち抜くことにほぼ倍増と分かりやすく、1回戦敗退なら1万5000ドル足らず。それでも結構な金額に見えますが、テニス選手はコーチの分も含めて移動費や宿泊費などすべての経費が自分持ちなので、手残りはほとんどありません」(スポーツライター)

 その大坂はカリフォルニア州で開催された本大会の終了後、次の大会が開催されるフロリダ州マイアミに向け、プライベートジェットで移動した。しかも決勝で対戦したダリア・カサトキナ選手と一緒に移動したというから驚きだ。カサトキナ選手は「フライト中はケンカしないわ」(without any fights during the flight)とおどけていたという。

「本大会前の大坂は世界ランク44位でしたから、通常ならプライベートジェットに乗ることはないはず。しかし決勝戦まで勝ち上がったため、翌週のマイアミ大会まで日程の余裕がなくなり、カサトキナ選手と同乗することにしたのでしょう。今回の移動はアメリカ大陸横断のため、5時間のフライトながら時差の関係で時計は8時間進み、ほぼ丸一日が潰れてしまう旅程。通常の旅客便ではさらに移動に時間を取られてしまい、マイアミ到着時にはヘトヘトになっていたはずです」(前出・スポーツライター)

 次のマイアミ大会では主催者推薦で出場する元世界一のセリーナ・ウィリアムズと一回戦で対戦。かねてから大坂はセリーナと姉のビーナス、そしてシャラポワの3人と対戦したいと語っていたが、ビーナスには昨年11月の香港オープンで、そしてシャラポワには本大会で勝利。はたしてマイアミ大会で、念願のセリーナ越えは達成できるのか。ますます注目度が高まりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト