芸能

狩野英孝が吐露して共感を呼んでいる「尽きぬ悩み」とは?

 笑われるのがフツーのお笑い芸人。そんな宿命の狩野英孝が世間の同情を一身に集めている。狩野は3月20日に更新した公式ブログで、血液検査の結果を報告した。

〈IGEというアレルギーの数値が一般の方は100前後らしいのですが、僕は‥7434。。。〉と、健康体の70倍の数値を記し、重度のアレルギー体質であることを明かした。それでも、以前測った時は10000超だったため、〈昔よりマシになったのかなと、喜んでます。。〉とたくましく笑いに変えている。

「もともとは3月16日に更新したブログで、アレルギー体質に引きかけの風邪で最悪の体調であることを嘆いたのがきっかけ。就寝中に止まらないセキで目ざめ、1時間ほどソファーで安静にした後、再度寝るも、またもセキで飛び起きてしまうとボヤいていた。病院で血液検査を受けた結果がこの日の記述となった。狩野はアトピー性皮膚炎で、この時もかきむしってしわしわボロボロの手の写真をアップしている」(ネットライター)

 この切実な告白には、たくさんのコメントが寄せられた。同じ病気で苦しんでいる人、病状を心配する熱烈なファン、アトピーやアレルギーに効果的な食品を伝授する人など様々。昨年、淫行騒動で謹慎処分を食らっていた時とはまるで違う、親身なコメントばかりだった。3月21日には「アレルギーの人やアトピー性皮膚炎の方々、どんな薬使ってます?」という問いかけとともに、狩野自身が使っている薬を写真付きで公開した。自身のことを「アレルギー貴族」と呼び、薬の特徴や使い方などを詳細に知らせている。重篤な状態を感じさせたのは、頭皮用のステロイド系の薬の記述。逡巡する思いを、こう赤裸々に明かしている。

〈頭皮が痒くてガマン出来ずにかいてしまい髪が抜けて、ハゲてしまう時がよくあります。。テレビに出演する時オールバックにしたり、分け目を変えてハゲを隠したりしてます。このまま、髪が生えてこなかったらどうしよう‥と本気で悩んだりもしています。。そうならないためにも、薬を頭皮に塗るんですが、でも、頭皮に薬塗る事が薄毛に繋がるんじゃないかとか思ったりするワガママボーイな僕です。。〉

 30年以上も病気と戦ってきた狩野だが、これまでずっとひとりで悩んでいたという。〈結構、芸人にもアレルギーやアトピーで悩んでる仲間達がいて、いつも、楽屋でアレルギーの話で盛り上がります〉と明かしたうえで、〈これ以上悪くならないように、少しでも改善出来るように、みんなで頑張っていきましょう!〉とエールを送っている。自分の症状を憂いながらも、明るく同じ症状に悩む人を気遣い、励ます前向きな姿勢がネットで高評価を受けているようだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察