スポーツ

選抜2度優勝の強豪・東海大相模は5試合で74安打の大会記録を持つ

 今大会、優勝候補の一角に挙げられている東海大相模(神奈川)は過去2回、春の選抜制覇を達成している。初めて優勝したのが2000年の第72回大会。エース・築川利希也(東海大‐ホンダ)を中心とした高い総合力を誇り、全国でも有数の戦力として大会前から評判が高かった。

 ところが本番では大苦戦。初戦の今治西(愛媛)戦は5‐0でリードしていた7回表に一挙5点を奪われ同点に。最後は延長10回裏に相手投手の暴投で辛くも勝利すると続く東洋大姫路(兵庫)戦では3‐2とこれまた接戦となったのだ。

 しかし、準々決勝でようやく投打がかみ合った。寺井健雄の2ランを筆頭に17安打9得点。投げては築川が3失点で試合を作り、9‐3で作新学院(栃木)に快勝。続く準決勝でも打線の勢いは止まらず、11安打11得点。11‐1と鳥羽(京都)を圧倒して、春通算3度目となる決勝戦へ。

 決勝戦は智弁和歌山との対戦となった。この大会、4試合で40得点と猛打で勝ち上がってきた相手である。試合は7回を終わって2‐2とたがいに譲らぬ互角の展開となっていた。しかし迎えた8回裏。東海大相模は先頭打者の松崎毅史が中前打をバントで送り、1番・楢原匠が勝ち越しタイムリー。さらに相手エラーで1点を追加し、ついに智弁和歌山を突き放した。エースの築川は11安打を浴びながらも堅い守りに助けられ、2失点完投。4‐2で勝利し、ついに初優勝を飾ったのである。過去2度の決勝戦では高知に5‐10、帝京(東京)に2‐3と惜敗しているだけに、まさに“3度目の正直”での優勝。同時に20世紀最後の春の選抜王者に輝いたのであった。

 この優勝から11年後。東海大相模は2度目の選抜制覇を果たす。前年夏の選手権での準優勝メンバーを多くそろえていて、優勝候補の一角に名をつらねていたが、その優勝の原動力となったのが破壊力ある打線である。初戦の関西(岡山)が9‐1、2回戦の大垣日大(岐阜)が13‐5、準々決勝の鹿児島実が2‐0、そして準決勝の履正社(大阪)が16‐2。準々決勝こそ相手投手のボークで決勝点を挙げる形で苦戦の展開だったが、ここまでの4試合で計60安打と猛打爆発だったのだ。

 迎えた決勝戦でもエース・三好匠(現・東北楽天)擁する九州国際大付(福岡)相手に2本塁打を含む14安打を放ち、相手を圧倒。6‐1で快勝した。

 なお、この大会で東海大相模が放ったヒットは5試合で実に74安打。これは1939年第16回大会で東邦商(現・東邦=愛知)が5試合でマークした73安打を72年ぶりに塗り替える大記録となり、現在でも大会通算最多安打となっている。果たして今大会で東海大相模の後輩たちは、先輩たちのこの記録にどこまで迫れるのか。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!