スポーツ

平昌金メダル・ザギトワが失速!露メディアが指摘した「カラダの発育」

 3月23日、イタリアのミラノでフィギュアスケート世界選手権女子シングルスが開催され、ロシアの妖精アリーナ・ザギトワがまさかの5位に終わる大波乱となった。

 抜群の安定感を誇り、平昌五輪では金メダルに輝いた15歳の天才はショートプログラムを2位で折り返すと、勝負の後半で3回転ルッツ・3回転ループという連続ジャンプに挑むも、ファーストジャンプから転倒の憂き目に合い、その後の連続ジャンプでも平静を取り戻すことができず。計5本のジャンプ要素に失敗。失意の演技を終えたザギトワは今にも泣き出しそうな表情のままエテリ・トゥトベリーゼコーチに抱きついた。

 最終的な合計スコアは207.72点。彼女ほどの実力者にとってはあまりにも似つかわしくないものだが、わずか1カ月前に氷上で美しく舞っていた妖精に一体何が起きたのか。

「ロシアメディア『SOV SPORT』が指摘しているのは、今回のザギトワの敗因は『疲労とカラダの発育』である、としています。とりわけ後者の問題はすべてのティーンエイジスケーターに襲いかかる課題であり、今後も彼女に大きな問題を引き起こす可能性があるとも付け加えています。ザギトワは最近のインタビューにおいて、自身の身長が数センチ伸びたことを告白しており、これは彼女に限らず多くの若きスケーターたちを苦しめてきた“深刻な変化”なのです」(スポーツライター)

 似たような問題を抱え、キャリアを早期に終わらせてしまったのは、日本でも人気のあったあの選手だ。スポーツライターが続ける。

「フィジカル的な成長による犠牲となったケースとして、SOV SPORTは2017年に現役を引退したユリア・リプニツカヤの例を挙げ、4年前の活躍がウソのようにその後は低迷したと指摘。今や19歳にしてキャリアを完全に終わらせてしまったとしています」

 もちろんザギトワがリプニツカヤと同じキャリアを歩むとは限らないが、果たして「数センチ」の成長はこれから先のスケート人生において、15歳少女にどれほどの影響を与え続けるのだろうか。平昌大会の活躍で日本にも多くの“ザギトワ・ファン”が誕生し、日に日に注目度が上がっているだけに、今後の彼女の巻き返しと奮闘を願うばかりだ。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!