芸能

期待大だったぶん、ガッカリ!? 2児の母になった野猿・CAの姿にファン騒然

 時の経過はあまりに残酷過ぎた!?

 30年の歴史がある長寿バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が3月22日に最終回を迎えた。最終回は意外にも石橋貴明が司会を務めた音楽番組「うたばん」(TBS系)のパロディ企画で構成されており、過去の名場面を振り返った。

スタジオではとんねるずのほかに同番組から誕生した音楽ユニット・野猿のメンバーに、ゲストとして松田聖子も出演。野猿は「みなさんの~」スタッフで結成されたユニットだが、活動期間は1998~2001年ということもあり、番組ファンにとってもその姿をじっくり見るのはひさびさのこと。

野猿解散から十数年が経過していることもあって、みな見た目に変化が見られていた。特にファンに見た目の変化で衝撃を与えたのが、野猿最大のヒットシングルで人気ドラマの主題歌にもなった「First impression」でヴォーカルを務めたCAこと音声スタッフの荒井千佳さんだ。

 荒井さんは03年にスタッフを辞め、現在は2児の母として主婦業に専念しているが、ビジュアルこそ美しさがあったが、ネット上では歯がやたら黄ばんで見えたなどと話題になっており、「顔はガッキーに似てるのにな」「ヘビースモーカーなのかもね」「いろんな意味であの日の記憶のままで留めておきたかったな」と、残念がる声が多数見られた。

「野猿は紅白に出演したりと当時は絶大な人気を誇っており、とんねるずの2人も芸人としての姿とは違ったアイドルのようなオーラを放っていましたから、ファンにとっては当時のメンバーのイメージが色あせるどころか美化され過ぎているところもあります。中でもCAの場合は歌唱力など光るものを持っていながらも、1曲だけの参加でしたから、ファンがもっと見ていたいという思いが強かった。それだけに今回のCAの姿にファンが受けるショックも大きかったのかもしれません。とはいえ、彼女は表舞台で歌うことをイヤがっていたようで、ギャラを受け取ることも拒み、唯一もらったギャラもラジカセということでしたし、そこはスルーしてあげたいところですね」(エンタメ誌ライター)

 石橋も久しぶりにメンバーたちを見て、「あん時(野猿として活動している時)はかなり小ギレイになったんだけど、あれから十何年経って、また汚くなったね」と話すなど、変化が見られたのはCAだけではなかった。続けて石橋は「やっぱスタッフになったね」と声をかけていたように、これこそが表舞台に立つ演者たちを輝かせるために自分たちの見え方を気にせず、番組作りに奮闘するスタッフたちの本来あるべき姿。スタッフたちにとってはこの十数年の老け具合も頑張った勲章なのかもしれない。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
4
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”
5
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」