芸能

エド・はるみ、明大⇒慶大“学歴ロンダリング”に成功で囁かれる参院選出馬

 吉本所属のお笑い芸人、エド・はるみが3月28日、慶應義塾大学大学院を修了し、修士号の学位を授与されることがわかった。今後はさらに論文の執筆を続け、引き続き研究を続けていく所存だという。

 そのエドには大学院入学当初から「将来は選挙に出るつもり」との噂も根強かった。2017年1月には小池百合子東京都知事が主宰する政治塾の「希望の塾」に参加し、同7月の東京都議選への出馬も濃厚と報じられたが、本人は学生であることを理由に否定。しかし今回の修士課程修了を受け、いよいよ出馬の準備はできたとの観測もあるようだ。

「エドは今後、芸能活動を続けながら論文を書き続けるとのことですが、博士課程に進まないのであれば、論文を書き続ける意味は小さい。そして何より今回の修士号授与により、従来の『明治大学卒業』から『慶大大学院修了』への“学歴ロンダリング”に成功しました。国会議員の出身大学人数ランキングで慶大は東大に次ぐ2位につけており、8位の明治大を大きく引き離しています。このように、より高い肩書を身に着けたいま、来年7月に予定される参議院議員選挙に出馬する体制ができあがったと見ることができそうです」(週刊誌記者)

 ただ、仮に参院選に出馬するとして、どの政党を選ぶのかが問題となる。小池都知事の「希望の塾」に参加していた以上、その後継である「希望の党」を選ぶのが筋というもの。しかし同党からの出馬も決して確実ではないという。

「『希望の党』は民進党と合流したものの、理念や政策が異なるとして分裂し、離反議員たちが『立憲民主党』を結成。大きく勢力を減らしました。一方で、現在、希望の党選出では、3人のみが残る参議院議員の面々は、元神奈川県知事の松沢成文、大臣経験もある中山恭子、そして希望の党の結成メンバーである行田邦子と大物ぞろい。しかも3人とも今回が改選ですから、エドの付け入るスキはなさそうです。とはいえ、いまさら他の党から出馬となると、今度は『筋が通らない!』と批判されることは確実でしょう」(前出・週刊誌記者)

 はたしてエドは国政を目指すのか。来年の参院選ではすでに55歳となっており、彼女に残された時間は少ないはずだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
3
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!