政治

鈴木哲夫の政界インサイド「『安倍不支持』が強まる裏の野党間“不協和音”」

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書改竄問題で、私は野党の喚問への対応に、いささか疑義を抱いていた。佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行われたその日、質問に立った希望の党・今井雅人衆議院議員とテレビ中継で話す機会を得た時のこと。

 喚問の質問時間を野党の議席数で割りふったため、小さな党は5分程度しかない。そんな短時間で、いったい何が聞けるというのか。なぜ、野党全部がまとまって、質問内容を調整しないのか。そのことを問うと、今井氏はこう答えた。

「反省しています。突っ込めそうなところで時間がない。各党に事情があります。しかし、その辺りのくふうをしなければ。次の証人喚問はこの教訓を生かしたい」

 もちろん、際立った質問をした野党議員もいた。例えば、共産党の小池晃参議院議員や民進党の江田憲司衆議院議員。だが、いかんせん時間が短い。

 実は、森友問題が再燃した3月2日、ある野党OBが野党各党の幹部らにこんな提言をして回った。

「野党6党(立憲・希望・民進・共産・自由・社民)の仕切りを取っ払って特別チームを発足させ、代表や副代表を置き、調査部会をいくつか置いて組織化すべき。いずれ証人喚問など国会で追及する時が来る。その際に、質問時間を有効に使える。いわば、一つの大きな野党を作るくらいの気持ちで、コトに当たるべき。そのあと、政界再編にもつながるラストチャンスだ」

 もちろん野党6党は合同集会を開き、財務省へのヒアリングなどを続けており、一枚岩のように見えるが‥‥。

「各党のメンバーは、『俺が』『俺が』で質問の統一性がない。他の党が質問して初めて知った事実もあった」(希望の党幹部)

 実情は不協和音が響いていた。国会対策の場面でも同様だった。

「数もあって、勢いもある立憲民主党が主導権を握ろうとして打ち合わせが混乱した。本来なら、最も影響力がある党が後ろに回って下支えしてくれれば、6党がまとまるのに‥‥。かつての自社さ政権の時は、自民党が陰に回って社会党の首相を担いだからうまくいったわけで、立憲は少し考えてほしいところだ」(民進党議員)

 この状況を打開すべく、4月に入ると民進党の大塚耕平代表が新党結成の方針を決めた。地方組織の了承も取りつけたという。大塚代表は、立憲の枝野幸男代表や希望の玉木雄一郎代表に合流を呼びかけていくとしている。が、単独で政党支持率の高い立憲の枝野代表は「合従連衡するつもりはない」と慎重姿勢。6党解散後の新党結成ではなく、立憲に来る者を受け入れる形で新たな野党体制を作る腹づもりのようだ。

「民進党にも希望の党にも、より保守的な野党にしたい連中と立憲に行きたい連中がいる。民進、希望、立憲の三つの野党が最終的には二つになる可能性が高い。だが、大塚代表がこのタイミングで新党結成を言いだしたのは、森友という大きな節目で野党がまとまっていなければ何もできないし、究極的には今しか野党再編のチャンスはないと考えたのだろう」(前出・野党OB)

 マスコミ各社の世論調査を見ると、安倍政権の支持率は、不支持が上回っている。だが、野党各党の支持率は伸びていない。

「このままでは安倍おろしが始まり、次の総裁は誰かという自民党内政局を前に野党の存在は埋没してしまう」(野党幹部の一人)

 森友問題で正念場を迎えたのは安倍政権だけでなく、野党も同じなのだ。

ジャーナリスト・鈴木哲夫(すずき・てつお):58年、福岡県生まれ。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリーに。新著「戦争を知っている最後の政治家中曽根康弘の言葉」(ブックマン社)が絶賛発売中。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
2
石川佳純のバストが急成長中!?大人ボディへの進化に戸惑う声も…
3
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃