エンタメ

信長の焼き討ち予告もOK!? 比叡山延暦寺公式ツイッターの度量の広さに称賛

〈こんにちは。天台宗総本山比叡山延暦寺です。ツイッターはじめました〉

 3月末、こんな一文で始まったのが、比叡山延暦寺の公式ツイッター。さすが、SNS時代!と一部で話題にはなっていたが、「延暦寺公式」に対しさっそく「織田信長」、そして「徳川家康」が登場して、予定にはなかったはずの妙な盛り上がりを見せてしまったという。

「もちろんユーザーの悪ノリですが、延暦寺の挨拶に対し、織田信長のアカウント名を使ったヤカラが登場。『延暦寺さんこんにちは。浅井朝倉の残党を匿うのをやめて講和してくれませんか?できない場合、此方も相応の対応をさせていただきます』とリツイートして、ネット上でも話題になったようです。その後、徳川家康が『ツイッター始めたの?』と信長の知り合いのように割り込んで登場。この歴史的2人が延暦寺公式でやたらと会話をする展開になりました。「家康が滑りすぎ」「信長が歴史知らなすぎ」「まだ秀吉枠が残ってるぞ」などのツッコミも飛び交い、あまりのシュールさに『自分は好き』『読むと楽しい』と喜ぶ人も多数出現。その一方で、『延暦寺がどう反応していいか困ってる』『ガチ垢なのにかわいそう』など、苦言も殺到したようですね」(エンタメ誌記者)

 延暦寺と信長といえば連想されるのは「焼き討ち」。そんなわけで、自称・信長のツイートには「焼き討ち予告」ともいえる投稿があったことで心配した人も出現したようだが、これには延暦寺側が「ツイッターといえば炎上」「信長様による焼き討ちネタが入ってくるのは当然」と返答。その度量の広さに称賛の声があがった。

 4月中頃になって、ツイッターは落ち着いてきたとのことだが、はたして「延暦寺は今でも信長を恨んでるの?」というネット民の“ガチ質問”に、延暦寺が答えてくれるような展開はあるのか否か。ちょっと注目したいところかも。

(塚田ちひろ)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
ドーンと飛び出しそう!?加護亜依、最新動画で魅せたお椀バストの激ヤバ迫力
5
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象