政治

天才テリー伊藤対談「枝野幸男」(4)枝野さんのアンチ精神はすごいな!

テリー 枝野さんは26歳で弁護士、29歳で政治家に転身していますが、何か理由があるんですか?

枝野 私はもともと政治家になりたかったんです。ですから、どうすればなれるかを逆算して考えて、弁護士になったんです。

テリー ええっ、それはすごいな。どうしてそんなに政治家にこだわったんですか?

枝野 理由は2つあるんですが、まず、多様性が認められる社会を作りたかったんです。日本って、みんな一緒であることを求めるじゃないですか。私は、子供の頃から変わり者だったので、そんな社会では生きにくいと思っていて。

テリー どこらへんが変わっていたんですか。

枝野 小学生で「政治家になりたい」なんて言っているのが、まず変わり者ですよね(苦笑)。そのためにまず弁護士になろうと、当時からランドセルに、小さな六法全書を入れていましたから。

テリー それ、女の子にモテなかったでしょう。

枝野 アハハ、全然ダメでしたね(笑)。一方で歌手になりたい夢もあって中学校では合唱部に入りました。

テリー 振り幅が広いなァ(笑)。歌手だと、誰が好きだったんですか?

枝野 男性だと野口五郎さん。「私鉄沿線」はカラオケの持ち歌で、今も党の若手と意見交換で食事に行くと、必ず二次会はカラオケなんですよ。で、私が歌いまくる(笑)。

テリー 困った上司じゃないですか(笑)。最近は、アイドルも応援してるんでしょう?

枝野 はい、乃木坂46や欅坂46の新曲が出ると、発売日には必ず歌えるようにしています。

テリー ただでさえ忙しいのに、すごいですね。で、もう一つの理由は?

枝野 幼い頃は小児喘息で学校も休みがちだったんですが、そういう時、親は野口英世の伝記を読ませるんですよ(笑)。私も読まされたんですけど、血を見るのが苦手だったので、「お医者さんより、政治家になったほうが多くの命を救える」と考えるようになりました。だから私は、もともと厚生族をやりたかったんですよ。

テリー ああ、そうか。薬害エイズ問題の時に、かなり尽力されましたものね。

枝野 そうです。だから、そこにつながっていくんです。

テリー でも、人を助けるという点で言うなら、与党の立場のほうがやれることは多いじゃないですか。自民党に入ろうとは思わなかったんですか?

枝野 まったく。多感な時にロッキード事件なんかを見ていて、「自民党は時代遅れだな」という感覚をずっと持っていましたから。

テリー なるほど。枝野さんが持っている、そういうアンチ的な部分が、まさにあの時、立憲民主党を作り上げたんですね。逆にいうと、前原さんに感謝しなくちゃね。

枝野 あの局面での前原さんの選択は、大きな方向性として考えると、私は否定していないんです。私自身の考えとは違いますけど、一つの選択肢としてはあるかな、と。

テリー じゃあ、また前原さんと組むこともある?

枝野 広い意味で、野党が連立を組むということがあった時に、排除する理由はないですよね。あと、個人的には、前原さんはカラオケ仲間なので、もうしばらくたったら仕事の話はなしにして、一緒に歌いたいですね(笑)。

◆テリーからひと言

 枝野さん、ほんとに歌が好きなんだなぁ(笑)。昭恵さんの国会招致は難しいだろうから、まずカラオケに誘ったらどう? そのぐらい軟らかいほうが、おもしろいよ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!