政治

天才テリー伊藤対談「枝野幸男」(4)枝野さんのアンチ精神はすごいな!

テリー 枝野さんは26歳で弁護士、29歳で政治家に転身していますが、何か理由があるんですか?

枝野 私はもともと政治家になりたかったんです。ですから、どうすればなれるかを逆算して考えて、弁護士になったんです。

テリー ええっ、それはすごいな。どうしてそんなに政治家にこだわったんですか?

枝野 理由は2つあるんですが、まず、多様性が認められる社会を作りたかったんです。日本って、みんな一緒であることを求めるじゃないですか。私は、子供の頃から変わり者だったので、そんな社会では生きにくいと思っていて。

テリー どこらへんが変わっていたんですか。

枝野 小学生で「政治家になりたい」なんて言っているのが、まず変わり者ですよね(苦笑)。そのためにまず弁護士になろうと、当時からランドセルに、小さな六法全書を入れていましたから。

テリー それ、女の子にモテなかったでしょう。

枝野 アハハ、全然ダメでしたね(笑)。一方で歌手になりたい夢もあって中学校では合唱部に入りました。

テリー 振り幅が広いなァ(笑)。歌手だと、誰が好きだったんですか?

枝野 男性だと野口五郎さん。「私鉄沿線」はカラオケの持ち歌で、今も党の若手と意見交換で食事に行くと、必ず二次会はカラオケなんですよ。で、私が歌いまくる(笑)。

テリー 困った上司じゃないですか(笑)。最近は、アイドルも応援してるんでしょう?

枝野 はい、乃木坂46や欅坂46の新曲が出ると、発売日には必ず歌えるようにしています。

テリー ただでさえ忙しいのに、すごいですね。で、もう一つの理由は?

枝野 幼い頃は小児喘息で学校も休みがちだったんですが、そういう時、親は野口英世の伝記を読ませるんですよ(笑)。私も読まされたんですけど、血を見るのが苦手だったので、「お医者さんより、政治家になったほうが多くの命を救える」と考えるようになりました。だから私は、もともと厚生族をやりたかったんですよ。

テリー ああ、そうか。薬害エイズ問題の時に、かなり尽力されましたものね。

枝野 そうです。だから、そこにつながっていくんです。

テリー でも、人を助けるという点で言うなら、与党の立場のほうがやれることは多いじゃないですか。自民党に入ろうとは思わなかったんですか?

枝野 まったく。多感な時にロッキード事件なんかを見ていて、「自民党は時代遅れだな」という感覚をずっと持っていましたから。

テリー なるほど。枝野さんが持っている、そういうアンチ的な部分が、まさにあの時、立憲民主党を作り上げたんですね。逆にいうと、前原さんに感謝しなくちゃね。

枝野 あの局面での前原さんの選択は、大きな方向性として考えると、私は否定していないんです。私自身の考えとは違いますけど、一つの選択肢としてはあるかな、と。

テリー じゃあ、また前原さんと組むこともある?

枝野 広い意味で、野党が連立を組むということがあった時に、排除する理由はないですよね。あと、個人的には、前原さんはカラオケ仲間なので、もうしばらくたったら仕事の話はなしにして、一緒に歌いたいですね(笑)。

◆テリーからひと言

 枝野さん、ほんとに歌が好きなんだなぁ(笑)。昭恵さんの国会招致は難しいだろうから、まずカラオケに誘ったらどう? そのぐらい軟らかいほうが、おもしろいよ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」