社会

寿命を縮める「危ない外食」最新版(4)中国・ベトナム経由の業務用カレーは「工業製品」

 さて、1週間の激務も終わり、今日は日曜日。たまの休みくらい家でゴロゴロ過ごしたいものだが、そうもいかない。妻と長女に付き添って近所の大型スーパーで買い物。その後はファミリーレストランで夕食、というのが定番の家族サービスコースだ。

 レストランでAさんは、ホッケ定食を食べることに。妻はプリプリのエビが載った海鮮丼、長女はビーフカレーを注文することに。この選択に、小若氏は再び顔をしかめた。

「よく背骨がスッと取れないホッケがありますが、あれは注射器で骨に調味料が注入されているから。つまり、さきほど説明した肉だけでなく魚にもインジェクション処理が行われ、かさを増しているんです」

 エビがプリプリなのは必ずしも鮮度がいいわけではなく、保水効果のある重合リン酸塩を用いてエビを水で満たしているから。その分だけ重量も体積も増えるので、これもかさ増しできる。

「さらに塩や酒、化学調味料をエビに染み込ませているため、味もいい。つまり、プリプリした食感があり味がいい、と感じるエビにはそんなカラクリがあるのです」(小若氏)

 リン酸塩は胃腸で吸収されずそのまま排出されるため、毒性はないとされるが、

「ただし、リン酸塩は胃の中でミネラルと結合し、そのままミネラルも一緒に排出するので、体をミネラル不足にしてしまうんです」(小若氏)

 無害と認められている以上、使用量の制限がないため、ありとあらゆる食品に使われ、結果、多くの現代人はミネラル不足を招いている、と小若氏は指摘する。

 さらには──。

「実は業務用カレーに入っているニンジンは人件費の安い中国やベトナムでカットし、それを下ゆでしたあとに冷凍して輸入しています。それをそのままカレーに入れるなら、まだ栄養素の損失は少ない。ところが解凍して水洗いするため、ニンジンの細胞膜は解凍時に全て潰れ、水溶性の栄養成分もまるごと洗い流されてしまうんです」(小若氏)

 そんな成分が抜かれたカスカスのニンジンを使う理由は、加熱してもニンジンが溶けず、形が残るからだ。小若氏は憤る。

「こうした過程を経ることでミネラルが減少し、本来、野菜や肉の栄養成分がたっぷりという家庭のカレーとは似ても似つかぬ『工業製品』のようなカレーが出来上がる。ミネラルの不足はうつ病や睡眠障害、認知症といった病気発症のリスクがあるとされ、そこが最大の問題なのです」

 ともあれ、メインディッシュを食べ終え、おなかもいっぱいのAさん一家。

「パパ、エビがプリプリでおいしかったわ」

「うん。ホッケもいい味だったなぁ」

「私もここのカレー、具が大きくて大好き!」

 そして3人でドリンクバーへ。Aさん夫妻はコーヒー、そろそろ体形が気になり始めた長女はノンカロリーのコーラを手に取り、席へと戻る。実はこのゼロカロリーという飲料水にもウラがある、と力説するのが、「長生きしたければ、原材料表示を確認しなさい!」(ビジネス社)の著者で食品評論家の小薮浩二郎氏だ。

「ゼロカロリーコーラの原材料はカラメル色素、甘味料(アスパルテーム)、スクラロース、カフェイン、香料ですが、ではこのうち、添加物はどれか。答えは『全て』。つまり、ゼロとはうたっているものの、正しくは『添加物100%飲料』と言うべきなんです。昨今は消費者の健康志向の高まりから『カロリーゼロ』『糖質ゼロ』を売りにする機能性食品が増えていますが、こうした商品は、カロリーがないのに甘さを感じられる添加物を砂糖の代わりに使っているだけ。消費者はダマされているんです」

 小薮氏いわく、カロリーゼロのチョコレートも同様で、

「現代人はカロリーゼロという甘い言葉に惑わされて、よけいな添加物を口にしている。それだったら、砂糖のほうがよほど安全です」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!