芸能

尾木ママが日大アメフト部員の記者会見を「ロクに見ていない」と批判続出!

 5月22日に日本大学アメフト部の現役選手が、みずからが加害者となった危険タックル問題についての記者会見を開いた。この事件ではアメフト関係者のみならず教育関係者からも様々な意見が噴出し、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏も公式ブログにて翌23日、〈日大は本当に教育機関なのでしょうか?!〉と日大側の対応を厳しく批判した。だが、この投稿内容に対して「会見の内容を理解していないのでは?」との批判が寄せられているようだ。

「尾木ママはこの会見について《大学部活の事件にも関わらず ・体育局 ・学生部 教員や職員が誰一人として同席しない》と批判。どうやら尾木ママは日大が選手一人を会見の矢面に立たせたと勘違いしているように読めます。実際には本会見に日大はいっさい関与しておらず、選手が真実を明らかにする目的で自分の意志により開いたものです。会見の冒頭、代理人の弁護士が、選手が会見を開くことを日大に通告していたと明かしていましたが、これも日大からの干渉を受けないよう事前に釘を刺したものです。ここを理解していない批判は的外れと言わざるを得ません」(スポーツライター)

 さらに尾木ママは〈会見会場が外の日本記者クラブ〉で、〈弁護士に特別に同席してもらってとは〉と、まるで、日大内部で、日大の職員と一緒に会見するべきだったとも受け取れる書き方で、会見場の選定や弁護士の同席についても批判。しかしこれらについても選手側が望んだものであり、日大の意思はまったく関係ないことは会見を見ていれば誰にでも明らかなはずだ。

「しかも尾木ママは《井上コーチだけでなく 高校時代の監督さん?の現コーチも含めて》と書いていますが、会見では選手がみずから『井上コーチ=高校時代の監督』であることを明言しています。もはや尾木ママが会見の内容をロクに把握せず、反射的に言いたいことをブチまけているだけなのは明らか。教育評論家の肩書を標榜するのであれば、せめて事実関係だけはきちんと把握すべきでしょう」(前出・スポーツライター)

 このように不備だらけの尾木ママブログ。だが、もちろん、これらの言葉は本件に対する義憤から出たもので、会見で「真実」を語った学生を応援する気持ちの表れであることは間違いないところだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合