社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<食中毒>高温&無酸素でも生存。原因菌を消すコツは…

 食中毒は、気温の高い夏の時期に多いと思われがちだが、秋がより注意を要する。というのは、細菌性「カンピロバクター食中毒」が多発するからだ。

 細菌による食中毒は、少量の菌で発症する。中でも、鶏刺しなどの生食や、加熱が不十分なものを食べて、下痢や腹痛を起こす場合が多い。過去の厚生労働科学研究の結果によると、市販の鶏肉から「カンピロバクター」が高い割合で検出されているそうだ。決して「新鮮な鶏肉だから生で食べても安全」ではないのである。

 他にこの時期に多いのは「ウェルシュ菌」。これは、人や動物の大腸内常在菌で自然界に幅広く生息する細菌で「酸素がなくても増殖する「嫌気性菌」のため、高温でもなかなか死滅しない。

 特にカレーやシチューを作る際は注意が必要だ。大鍋で大量に調理すると他の菌は死滅するが、鍋底が酸素の少ない状態になり、「ウェルシュ菌」が繁殖しやすくなる。感染すると、通常6~18時間で下痢を引き起こす。

 対策としては、食材は中まで十分に加熱することが肝心。また、まな板を介して、菌が他の食材に付着する場合もある。二次感染を防ぐためにも、肉などの食材を使う場合は、一回、洗剤で洗った方がいいだろう。また最近では、コロナ禍で持ち帰りの食品も増えているが、常温で長時間持ち歩くのはやはり危ない。なるべくすぐに食べて、残ったものを後日食べる場合は、レンジなどでしっかり加熱することが必要だ。

 時々、「一度食中毒を発症した食材は食べない方がいい」と思い込んでいる人もいるが、その心配は無用だ。例えば、カキやサバなどにあたった場合は、それは食中毒ではない可能性が高い。むしろ、その食材に対するアレルギー反応の可能性もあるので、病院で検査をした方がいいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”