芸能

有名人「下半身騒動」の始末書!(3)<特別寄稿作家・田崎健太>破天荒芸人・月亭可朝の遺言

 本来、芸人とは一般の人間とは違う魔界の住人であった。観客は、彼らの破天荒ぶりや狂気を含めて愛し、その話術に夢中になったものだ。その意味で、月亭可朝は本物の芸人だった。気鋭のノンフィクション作家・田崎健太氏が、可朝に密着した最期の日々を描く。

 可朝の人生は“賭博”と“女”と“洒落”にまみれている。まずは競艇から。

「あれはな、麻薬と一緒や。予想していると安心すんねん。住之江(の競艇場)で二千万当たったこともあったわな。その時は、甥とか姪を呼んで、車買うてやったんや」

 最も多くの金をつぎ込んだのは野球賭博だったという。そして勝ち負けの金額が溜まると“換金”を行った。

「ホテルの前で、(隣の車の)窓と窓を合わせて(自分の車を)停めるねん。それでシューと(窓ガラスを)開けるわけや。それで賭けの(結果が書かれた)紙をお互いで確認する。“ということは一千万負けやな”とか。こっちが負けた場合は、向こうの車の窓に金を入れる。こっちが勝った時は、向こうの紙の袋からこっちにどんと入れてもらう。二千万ぐらい、勝つのも負けるのもあっという間やで」

 そして“打つ”に加えて“買う”ことにも精力的だった。

「若い頃の話やけど、飛田新地に気っぷのええ女郎がおったんや。年はわしよりも2つ、3つ上。綺麗な子やった。何とかしたいと思ったんで、車に布団を乗せて、その子を逃がして豊中のアパートに住まわしたんや。そやけど、アパートを借りたら金がなくなって、生活費も何もあらへん。生活できひんわな。そのうち、その子はまたどっかに働きに行って、関係は消滅したんや」

 可朝を世に出したのも女性だった。

〈♪ボインは赤ちゃんが吸うためにあるんやでぇ~〉

 と始まる「嘆きのボイン」(69年)は一躍、30万枚のヒット曲に。

「女を買いに行くときは、可朝ってバレんように隠して行きましたで。でも向こうが気をつこうてくれたんやろな。だいたいボイン(の女の子)をあてがってくれたなぁ」

 また彼はその人気を“洒落”で捨て去る潔さがあった。

 71年、参議院選挙に立候補。突然の出馬により、ほとんどのレギュラー番組から降板することになる。

 では彼は立候補して世に問うべきものがあったのか──彼の公約は「一夫多妻制の実現」と「銭湯の男女の仕切を外すこと」だった。もちろん、あえなく落選。

 そんな可朝の“健在ぶり”を示したのが、08年5月のことだった。50代の元交際相手にストーカー行為をしたとして逮捕されたのだ。

 釈放後、可朝は謝罪記者会見を行っている。報道陣から今の気持ちを歌で表現してほしいと求められて、「嘆きのボイン」の節でこう歌った。

〈♪可朝は7年間不倫してきて、その結果、警察に御用やで。7年間も嫁はんを裏切ってきたお仕置きや~、おまへんか〉

 往年のキレはなく、会見場には白けた空気が流れた。

 最後に会ったとき、彼にこう尋ねた。

「もうすぐ80歳になりますが、やり残したことはありますか?」

 すると可朝はにやりと笑ってこちらを見た。

「世の中にええ女がぎょうさんおるのに、それを残してあの世に行くわけやろ。まずはそれやな」

 月亭可朝こと鈴木傑が急性肺線維症で亡くなったのは今年3月28日だった。享年80──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!