芸能

鈴木京香、「長谷川博己との結婚」で証明される“あげまん伝説”&“落とし穴”

 事実婚状態を続けてきた女優・鈴木京香と俳優・長谷川博己が、今度こそ“長すぎた春に終止符を打つ”というニュースが一部女性誌で報じられ、話題を呼んでいる。

「長谷川サイドは、すでに出演するドラマや映画関係者に結婚を報告しています。5月31日に鈴木が50歳を迎えますが“40代の内に結婚することが長年の夢”と口にしてきたことから、現実味を帯びてきました。直撃取材を行った記者によると、2人の愛の巣から出てきた長谷川は一瞬驚いたものの、否定もせず満面の笑みを見せていたというんですからね」(女性誌記者)

 連続ドラマ「セカンドバージン」(NHK総合)で、危険な不貞愛に溺れるカップルを熱演した2人。この共演をきっかけに交際がスタートし、2015年には同棲解消を機に、破局説が浮上したものの、その後も順調に交際を続けてきたようだ。

 なぜ今まで、2人は結婚に踏み切らなかったのか。

「交際発覚当初は、長谷川の方が『俳優として格下』『今の自分は彼女には相応しくない』といった思いからプロポーズに踏み切れなかったようです。ところが、この10月からNHKの朝ドラ『まんぷく』でヒロインの夫役に決定。さらに2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、主人公の明智光秀役を演じることが4月に発表され、一躍大物俳優の仲間入り。2人の“格差”も解消されたというわけです」(前出・女性誌記者)

 そんな中、今まことしやかに流れているのが「鈴木京香、あげまん伝説」である。

「『朝ドラ』のヒロインの夫役と『大河ドラマ』の主役を連続して演じるのは、“世界のケン・ワタナベ”以来の快挙。しかも鈴木の“あげまん”は、今回が初めてではありません。以前、交際していた俳優の堤真一も、鈴木と付き合うようになって、瞬く間に全国区になりました。今回は、その第2章。“鈴木京香のあげまん伝説”恐るべしです」(スポーツ紙デスク)

 しかし“鈴木京香あげまん伝説”には、思わぬ落とし穴があると言う。

「年上の堤真一と交際した際は、結局堤のオンナ遊びが原因で破局を迎えてしまいました。今回の長谷川は鈴木よりも8歳年下。一躍大物俳優の仲間入りを果たしたばかりで、破局を迎えるなんていうことにならなければいいのですが…」(前出・スポーツ紙デスク)

 ここは結婚を成就させ、そんな“落とし穴”は埋めていただきたいものだ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」