芸能

鈴木京香、「長谷川博己との結婚」で証明される“あげまん伝説”&“落とし穴”

 事実婚状態を続けてきた女優・鈴木京香と俳優・長谷川博己が、今度こそ“長すぎた春に終止符を打つ”というニュースが一部女性誌で報じられ、話題を呼んでいる。

「長谷川サイドは、すでに出演するドラマや映画関係者に結婚を報告しています。5月31日に鈴木が50歳を迎えますが“40代の内に結婚することが長年の夢”と口にしてきたことから、現実味を帯びてきました。直撃取材を行った記者によると、2人の愛の巣から出てきた長谷川は一瞬驚いたものの、否定もせず満面の笑みを見せていたというんですからね」(女性誌記者)

 連続ドラマ「セカンドバージン」(NHK総合)で、危険な不貞愛に溺れるカップルを熱演した2人。この共演をきっかけに交際がスタートし、2015年には同棲解消を機に、破局説が浮上したものの、その後も順調に交際を続けてきたようだ。

 なぜ今まで、2人は結婚に踏み切らなかったのか。

「交際発覚当初は、長谷川の方が『俳優として格下』『今の自分は彼女には相応しくない』といった思いからプロポーズに踏み切れなかったようです。ところが、この10月からNHKの朝ドラ『まんぷく』でヒロインの夫役に決定。さらに2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、主人公の明智光秀役を演じることが4月に発表され、一躍大物俳優の仲間入り。2人の“格差”も解消されたというわけです」(前出・女性誌記者)

 そんな中、今まことしやかに流れているのが「鈴木京香、あげまん伝説」である。

「『朝ドラ』のヒロインの夫役と『大河ドラマ』の主役を連続して演じるのは、“世界のケン・ワタナベ”以来の快挙。しかも鈴木の“あげまん”は、今回が初めてではありません。以前、交際していた俳優の堤真一も、鈴木と付き合うようになって、瞬く間に全国区になりました。今回は、その第2章。“鈴木京香のあげまん伝説”恐るべしです」(スポーツ紙デスク)

 しかし“鈴木京香あげまん伝説”には、思わぬ落とし穴があると言う。

「年上の堤真一と交際した際は、結局堤のオンナ遊びが原因で破局を迎えてしまいました。今回の長谷川は鈴木よりも8歳年下。一躍大物俳優の仲間入りを果たしたばかりで、破局を迎えるなんていうことにならなければいいのですが…」(前出・スポーツ紙デスク)

 ここは結婚を成就させ、そんな“落とし穴”は埋めていただきたいものだ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」