社会

強欲中国人は「国産ウイスキー」まで買い占め転売していた(1)「転売屋」が日本に侵攻

 今、日本全国のバーやスナックで「ウイスキー難民」が続出している。それもそのはず、入手困難で市場から消えつつある裏で、中国人の転売屋が買いあさっていたことが発覚。国産ウイスキーが、厚顔無恥な隣国の「盗っ人」たちに飲み干される。そんな危機に瀕していたのだ!

 ウイスキーショックが全国を駆け巡っている。きっかけは、サントリーホールディングスが6月以降に順次、国産ウイスキーの「白州12年」と「響17年」の販売休止を明らかにしたことだ。経済部記者が語る。

「2000年代前半に低迷を続けていたウイスキーは、08年に炭酸水で割るハイボールの販売に本腰を入れると人気に火がつき、需要が拡大。14年にはウイスキーづくりを舞台にしたNHK朝ドラ『マッサン』の影響で一大ブームになりました。この10年で国内の出荷量が約2倍に増えたのもつかの間、低迷期の予測で原酒を生産していたので、十分な原酒の量を確保できなくなったのです」

 ウイスキーは発酵させてから蒸留後、樽に詰めて熟成するまで10年以上かかるため、対応が間に合わなくなり、苦渋の決断を迫られる形となった。販売再開の時期も未定で市場から消えてしまうのも時間の問題なのだが、実は、在庫が品薄になった背景には、カネに目がくらんだ強欲中国人が暗躍していたのだ。中国事情に詳しいライターの吉岡幸二氏はこう説明する。

「もともと中国では、高級白酒(パイチュウ)の一つで、茅台(マオタイ)が国酒として有名です。貴州省産の蒸留酒で、国賓級をもてなす時に宴席で用いられていました。しかし、習近平指導部が反腐敗運動で倹約令を打ち出し、公費や接待でのぜいたくに対する取締りが厳しくなったのです。その影響で茅台の売り上げは減少してブランド価値も暴落。今まで投資目的で茅台を購入して稼いでいた中国人は、次に日本産のウイスキーに目をつけたのです」

 白酒が人気低迷していた時期に、輸入酒のウイスキーは中国国内で「市民権」を得るまで知名度を上げていった。中国在住経験があり、「ルポ 中国『潜入バイト』日記」(小学館新書)の著者・西谷格氏はこう話す。

「中国の全国50都市で200軒余りのバーでシングルモルトウイスキーの消費量を調査したところ、13年に5017本だったのが、16年には20万本まで急増。ウイスキー人気が過熱しています。特に日本のウイスキーは歴史があり、品質も保証されているだけではなく、バーやクラブで注文しただけで女性から渋くてかっこいいと思われるそうで、一種のステータスになっている」

 それほどまでに日本産のウイスキーを欲する状況が、カネの嗅覚だけは鋭い中国人の転売屋たちを続々と日本に「侵攻」させることになった。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃