社会

2週間でラクラク「腹凹ませ術」を教えよう!(4)<食欲旺盛なズボラに!>食物繊維と発酵食品をとる

 こうした規則正しい食生活には、「体内時計」をリセットする効果もある。

「本来、人間は朝目覚めて夜眠くなる、いわゆる『体内時計』の機能が備わっていますが、これが1日25時間周期で、地球の自転周期である1日24時間とそもそもズレがあります。そこに、昼夜逆転の生活や休日の寝だめなど、不規則な生活を送っていると、『体内時計』は大幅に狂っていきます。そうなると、新陳代謝が阻害され、疲労感や倦怠感など体に不調が現れ始め、脂肪もため込みやすくなるのです。朝1杯の水を飲み、朝食をとること、さらに朝日を浴びることで、体内時計のズレを修正してくれるのです。実際、患者さんの中には毎日朝食をとるようにしただけで、体調がよくなった人もいます」

 せっかく朝食をとるなら、その内容にも気を配りたい。特に、健康に痩せるために積極的に摂取したいのが「食物繊維」である。

「食物繊維には水に溶けにくい不溶性(ゴボウ、サツマイモ、豆類など)と、水に溶けやすい水溶性(オクラ、納豆、サトイモなど)の2つに大別されます。前者はおなかの中で水分を吸って膨らみ、便をかさ増しし、腸の蠕動運動を促します。一方、後者は水を含むとゲル状になり、便を軟らかくして排出しやすくします」

 便の排出だけでなく、食物繊維は腸内細菌を喜ばせるのに欠かせないもの。この腸内細菌も「腸活」のカギを握っているという。そこで、「発酵食品」も食事に取り入れたいところだ。

「腸内には実に200種類以上、500兆個以上もの細菌が住みついています。その状態が花畑に見えることから『腸内フローラ』と呼ばれます。腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つがあり、健康的に痩せるには善玉菌を優先にする必要があります。そのために乳酸菌が欠かせないのです。乳酸菌を多く含む発酵食品としてヨーグルトやチーズ、納豆、キムチが代表的です。ただし、乳酸菌は生命力が弱く、便になって体外に排出されるため、毎日こまめに摂取することがポイントです。また、水溶性食物繊維は善玉菌のエサにもなっている。2つの食物繊維をバランスよく、そして毎日、乳酸菌をとることを心がければ、腸は元気になります」

 メタボ解消で始めた腸活が健康寿命を延ばすことにもつながる。人生100年時代を謳歌したいなら腸内環境を整えるべきなのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話