スポーツ

一軍再昇格も見えた!清宮はゴジラ松井よりも斎藤センパイを踏襲する「舞台裏」

 清宮幸太郎が一軍昇格のチャンスをうかがっている。怪物もプロの洗礼を浴びて苦しんだが、日本ハム関係者によれば、交流戦明けの再昇格が検討されているそうだ。

「チームの中心選手になってもらいたいのはもちろんだが、球界を背負って立つスターに育てるという方針はまったく変わっていません」(日ハム関係者)

 交流戦突入と同時に二軍降格を決めたのは、打撃不振だけではない。怪物もまだ幼かった。気苦労で体重が落ち始め、リフレッシュ休憩も兼ねての二軍調整だった。日ハムは「最低でも、一年目でレギュラー定着のメドを」と考えている。

「一般論として、プロ野球界でスターと呼ばれる選手はほとんどが1年目から試合に出ています」(ベテラン記者)

「スターは早熟」の定理もあり、その間は球団も応援していくつもりだ。日ハムには“サンプル”もある。ルーキーイヤーにオールスターゲーム出場を果たした斎藤佑樹だ。

 奇しくも、清宮とルーキーイヤーの斎藤は「酷似する部分」が多い。2011年5月、斎藤は左脇腹の故障で6月下旬まで一軍登録を外れた。しかし、球宴には滑り込んでみせた。ファン投票、監督推薦で落ちたが、「最後の一枠」を指すプラスワンチャレンジで当確。その後のプロ生活はともかく、「話題の新人」を球宴に引き入れる傾向は今も残っている。清宮が一軍登録を抹消されたのは5月28日だが、先のチーム関係者の言う早期昇格は、スターの称号ともなる球宴出場も指しているのだろう。ゴジラ松井、イチローは新人での球宴出場は果たせなかった。この点において、清宮は同じ早実出身の斎藤センパイを踏襲するようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント