スポーツ

一軍再昇格も見えた!清宮はゴジラ松井よりも斎藤センパイを踏襲する「舞台裏」

 清宮幸太郎が一軍昇格のチャンスをうかがっている。怪物もプロの洗礼を浴びて苦しんだが、日本ハム関係者によれば、交流戦明けの再昇格が検討されているそうだ。

「チームの中心選手になってもらいたいのはもちろんだが、球界を背負って立つスターに育てるという方針はまったく変わっていません」(日ハム関係者)

 交流戦突入と同時に二軍降格を決めたのは、打撃不振だけではない。怪物もまだ幼かった。気苦労で体重が落ち始め、リフレッシュ休憩も兼ねての二軍調整だった。日ハムは「最低でも、一年目でレギュラー定着のメドを」と考えている。

「一般論として、プロ野球界でスターと呼ばれる選手はほとんどが1年目から試合に出ています」(ベテラン記者)

「スターは早熟」の定理もあり、その間は球団も応援していくつもりだ。日ハムには“サンプル”もある。ルーキーイヤーにオールスターゲーム出場を果たした斎藤佑樹だ。

 奇しくも、清宮とルーキーイヤーの斎藤は「酷似する部分」が多い。2011年5月、斎藤は左脇腹の故障で6月下旬まで一軍登録を外れた。しかし、球宴には滑り込んでみせた。ファン投票、監督推薦で落ちたが、「最後の一枠」を指すプラスワンチャレンジで当確。その後のプロ生活はともかく、「話題の新人」を球宴に引き入れる傾向は今も残っている。清宮が一軍登録を抹消されたのは5月28日だが、先のチーム関係者の言う早期昇格は、スターの称号ともなる球宴出場も指しているのだろう。ゴジラ松井、イチローは新人での球宴出場は果たせなかった。この点において、清宮は同じ早実出身の斎藤センパイを踏襲するようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!