スポーツ

本田圭佑、代表仲間・槙野智章の「名前を知らずにプレー」で槙野が落胆!

 名前も知らない味方にパスを出していた?

 サッカー日本代表の本田圭佑がサムライブルーで共に日の丸を背負って戦う仲間の名前を知らなかったとして失笑を買う事態となっている。

 ロシアW杯本大会に挑むべく、現在はオーストリアのゼーフェルトにて直前合宿を敢行中の日本代表選手団だが、合宿2日目のトレーニング後に長友佑都が本田の“天然エピソード”を暴露。いわく、本田が他の人の名前を覚えるのが苦手という話題で盛り上がっていた際、槙野智章が本田に「この中に智章っていう名前の人がいるんだけど、誰のことかわかる?」と冗談気味に尋ねると、本田はまったく見当が付かず、「誰のこと?」などと返答。しばらく考えても“槙野智章”の正解が出ず、結局1人ずつ可能性を潰していき、最後に槙野だけが残ったという。

「長友は、本田が智章の名前の主を『ガチで探してました』と明かし、“忘れられた”槙野に関しても『本気で落ち込んでいた』と証言していますが、それもそのはずです。代表チームにおける本田と槙野は常に心身ともに近い距離感を保っており、周囲からも“仲良しペア”として認知されてきました。ネット上でも『え、これは芝居かガチなのかどっち?』『よく名前も知らない仲間と一致団結とか言えたな』『これが勝てないチームの典型です』『西野ジャパンは名前も知らない人同士でパス交換するんですね』との冷ややかな反応が続出。長友は天然のお笑いエピソードのつもりで紹介したものですが、サポーターは笑うに笑えないといった心境なのかもしれません」(スポーツライター)

 だが、本当にチーム内の空気が“ヤバい場合”には、このようなエピソードすらも表に出せない雰囲気となるため、“逆に良いムードなのでは?”といった指摘もある。

「槙野智章も長友佑都もチームの盛り上げ番長という性格。こうした代表チームでの和やかなウラ話を語ることで日本代表チームに蔓延するネガティブな空気感を払拭したいとの狙いもあるのでしょう」(スポーツライター)

 当然ながら味方の『下の名前』が即座に出るかどうかが大舞台での勝敗を左右する決定的な要素という訳でもない。が、“忘れ去られた男”となった槙野の心理面のケアは少なからず必要かもしれない?

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!