芸能

松嶋尚美だけではない?大手新聞社も日大と日体大を取り違えていた!

 数多くの五輪選手を輩出する日本体育大学が、またもや危険タックル問題の日本大学と取り違えられてしまった。6月13日放送の「バイキング」(フジテレビ系)にてタレントの松嶋尚美が、日体大に対して「関係者のみなさん申し訳ありません!」と公開謝罪したもの。

 松嶋は週に一度、日大の前を子連れで通る機会があり、建物の前に置かれているライオン像を見た息子が「この学校行きたいな」と口にしたとのエピソードを披露。その息子に対して「ちょっと待ちぃ。いろいろ大学はあるんや!」と全力で日大への進学を止めたと語った。だが番組内でそれが勘違いだと判明し、日体大への謝罪を余儀なくされたという。

「日体大はもともとライオンをシンボルマスコットとしており、そのライオン像は2015年3月に百貨店の三越から寄贈されたもの。つまり松嶋は毎週、日体大の前を通っていたのです。しかも日体大のアメフト部はトライアンフ・ライオンというニックネームで、ヘルメットにはライオンがデザインされています。それなのに日大アメフト部問題にからめてライオン像について触れられては、神経を逆撫でされたようなものでしょう」(週刊誌記者)

 日大アメフト部の危険タックル問題では、学校名を混同して日体大に非難の声が寄せられてしまうケースが続出。松嶋も含めて軽率とのそしりは免れないが、何と天下の大新聞社も、その二校を取り違えていたというのである。

「4月に発売された『大学ランキング2019』(朝日新聞出版)にて、五輪関連で2カ所のミスが発生しました。12年のロンドン五輪に出場した日本代表選手は『1位 日体大 23人、2位 日大 12人』なのに、同誌では『1位 日大 23人、2位 日体大 12人』と完全に取り違え。さらに五輪日本代表の出身校ランキングでも、日体大が04年のアテネ五輪以降トップの座を守り続けているにもかかわらず、『大学ランキング』では『(日大と)何度か入れ替わっている』と記載していたのです。朝日新聞出版でも『編集部の確認ミス』と認めており、公式サイトにお詫びと訂正を掲載していますが、この時期にその両校に関わるミスをしでかすとは驚きですね」(前出・週刊誌記者)

 東京大学と東京○○大学を混同する人はいないのに、なぜ日本大学と日本体育大学は間違えられてしまうのか。テレビ局も出演者に対してそこの違いを徹底したほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚