芸能

松嶋尚美だけではない?大手新聞社も日大と日体大を取り違えていた!

 数多くの五輪選手を輩出する日本体育大学が、またもや危険タックル問題の日本大学と取り違えられてしまった。6月13日放送の「バイキング」(フジテレビ系)にてタレントの松嶋尚美が、日体大に対して「関係者のみなさん申し訳ありません!」と公開謝罪したもの。

 松嶋は週に一度、日大の前を子連れで通る機会があり、建物の前に置かれているライオン像を見た息子が「この学校行きたいな」と口にしたとのエピソードを披露。その息子に対して「ちょっと待ちぃ。いろいろ大学はあるんや!」と全力で日大への進学を止めたと語った。だが番組内でそれが勘違いだと判明し、日体大への謝罪を余儀なくされたという。

「日体大はもともとライオンをシンボルマスコットとしており、そのライオン像は2015年3月に百貨店の三越から寄贈されたもの。つまり松嶋は毎週、日体大の前を通っていたのです。しかも日体大のアメフト部はトライアンフ・ライオンというニックネームで、ヘルメットにはライオンがデザインされています。それなのに日大アメフト部問題にからめてライオン像について触れられては、神経を逆撫でされたようなものでしょう」(週刊誌記者)

 日大アメフト部の危険タックル問題では、学校名を混同して日体大に非難の声が寄せられてしまうケースが続出。松嶋も含めて軽率とのそしりは免れないが、何と天下の大新聞社も、その二校を取り違えていたというのである。

「4月に発売された『大学ランキング2019』(朝日新聞出版)にて、五輪関連で2カ所のミスが発生しました。12年のロンドン五輪に出場した日本代表選手は『1位 日体大 23人、2位 日大 12人』なのに、同誌では『1位 日大 23人、2位 日体大 12人』と完全に取り違え。さらに五輪日本代表の出身校ランキングでも、日体大が04年のアテネ五輪以降トップの座を守り続けているにもかかわらず、『大学ランキング』では『(日大と)何度か入れ替わっている』と記載していたのです。朝日新聞出版でも『編集部の確認ミス』と認めており、公式サイトにお詫びと訂正を掲載していますが、この時期にその両校に関わるミスをしでかすとは驚きですね」(前出・週刊誌記者)

 東京大学と東京○○大学を混同する人はいないのに、なぜ日本大学と日本体育大学は間違えられてしまうのか。テレビ局も出演者に対してそこの違いを徹底したほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!