芸能

有村架純、松本穂香に続け!「半分、青い。」からのネクストブレイク女優は?

 NHK朝ドラ「半分、青い。」も中盤に差し掛かり、若干の波があった視聴率も主人公の鈴愛(永野芽郁)が上京して漫画家に弟子入りしたあたりから、安定して20%前後の高い数字を推移している。

 主人公の生き様に心を揺さぶられるのが朝ドラの醍醐味だが、近年は脇を固める若手女優の、その後の活躍ぶりにも大きな注目が集まっている。

「主役でなくても、朝ドラで印象に残る役どころを演じきった女優はその後、大きく飛躍することがあるのです。代表的な例が有村架純。2013年度上期の『あまちゃん』で、小泉今日子が演じた天野晴子の若かりし頃を演じて注目を浴び、17年度上期の『ひよっこ』ではついに主役を射止めました。その『ひよっこ』で、有村が演じる主人公とともに“乙女寮”で暮らした青天目澄子を演じた松本穂香は、今年すでに2本の出演映画が公開され、2本が公開予定。7月から始まるドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)では主人公のすず役に抜擢されています。『半分、青い。』のこれまでの展開で、注目の女優は2人。1人は鈴愛と同じく漫画家、秋風羽織(豊川悦司)のアシスタント、小宮裕子を演じる清野菜名。しかし、清野は映画や昼帯のドラマで主演を務めた経験があり、すでに演技力には定評があります。ネクストブレイクという言葉にふさわしいのはもう1人のほう、鈴愛の幼なじみである律(佐藤健)の恋人、清を演じる古畑星夏ではないでしょうか。モデル出身でスラリと伸びた手足が特徴的な正統派美女です。律への湿度高めなアプローチを繰り出し、現在のところ主人公のライバルとして存在感を発揮しています」(芸能ライター)

 ドラマの展開とともに、次世代女優の活躍にも注目してみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「22歳で死去」木村花さんの「凄絶現場」を格闘技ライターが克明証言