芸能

有吉弘行が「負けた」と地団駄踏んで悔しがった“意外な相手”

 有吉弘行が本気で悔しがっているという。パーソナリティを務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)有吉みずから明らかにしたのは6月3日の放送回。そもそもの発端は、昨年12月3日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、有吉がカンニング竹山、アンジャッシュ渡部建と出演したことだ。

「出会って20年以上になる3人が番組でトークの話題にしたのは、これまで、定期的に“竹山社長の会”という食事会を開いて交流してきたということでした。有吉が竹山のことを竹山社長と呼んでゴマをすり、まんまとオゴらせてしまうという集まりなんだそうですが、それを虚実ないまぜにしてぶっちゃけたから、大爆笑もので、日曜朝放送にもかかわらず視聴率がよかったんですね。で、その後『ボクらの──』の視聴率をチェックすると、長澤まさみら有名女優や大物俳優が出た回よりも数字がよかったとか。今年に入ってからも向かうところ敵なしだったため、有吉は竹山、渡部にその後も、逐一報告してきたそうなんです。有吉が『竹山さん、相変わらず1位だったよ』って伝えると、竹山が『気にしてないけど、何なんだろうな』と言い、『渡部さん、まだ1位だよ』と話すと、『そうなの?何でだろうな』と喜んでいたとのことですね」(芸能ライター)

 ところが、5月27日放送回の「ぼくらの時代」で、ついに負けてしまった。びっくりしたのは、その回の出演者。有吉と同じ事務所・太田プロダクションに所属するダチョウ倶楽部・上島竜兵、リーダーの肥後克広に土田晃之の3人だったのだ。その回の話題は“ダチョウ倶楽部結成前夜物語”。何でも、ダチョウ倶楽部は、一世を風靡したおニャン子クラブがモデルだったといい、20~30人の大所帯で始まったという成り立ちなどをしゃべりまくったのだ。

「確かに意外な話で数字がとれたのもうなずける話ですが、有吉はもうガックリ。先輩とはいえ、もともとトークがヘタだとして、クサしてきたダチョウ倶楽部が、自分らよりも数字がいいなんて…とショックを受けたそうです。あだ名付け名人でもある有吉は、3人のことを『あんな“子飼いの老犬”たちに負けた』と形容して悔しさをブチまけ、最後は『身内に斬られるぶんにはイイんじゃないでしょうか』と負け惜しみで締めくくっていました」(ネットライター)

 自分の冠番組の数字はまるで気にしないと豪語する有吉。それでも、よほどプライドを傷つけられたようだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?