社会

フザけるなッ!中国人「全国ブランド物件」買い漁りMAP(4)水源ビジネスにも食指を動かし…

 また中国人による「ブランド物件」への侵蝕は、都内だけにとどまらなかった。すでに北海道には中国系企業の資金が大量に投下され、森林資源だけで東京ドーム515個分が買収されている。中国在住のジャーナリストはこう話す。

「08年に北海道を舞台にした中国映画『狙った恋の落とし方。』がブームになってから中国人観光客が激増しました。旅行だけでは満足できず、スキーリゾート地のニセコがある倶知安町の不動産を片っ端から購入。ニセコの公示地価は約30%の上昇を続けています」

 このまま買い占められていけば、いずれ北海道は中国の「省」の一つになるという笑えない冗談も聞かれるほどなのだ。

 それを食い止める手段もないまま、今や公示地価の上昇率でトップランクの沖縄でも中国の買収工作に揺れていた。

「昨年10月、香港のツアー会社が約10億円で那覇市内の土地4カ所を買収し、ホテルを建設する計画を明らかにしました。いつの間にか那覇で中国人観光客が目立つようになり、最近では不正な国際免許証でレンタカーを借りる中国人に頭を悩ませています」(地元記者)

 自然豊かな北と南の土地を「赤いマネー」で染め上げただけでは飽き足らず、日本の水源をビジネスに利用する中国系企業が大儲けしているケースも。

「山が多い県の静岡、山形、秋田、新潟、富山、長野、岐阜の土地を購入して飲料水などを製造する工場を作りました。中国人は自国の水質を信用していないので、日本の水が飛ぶように売れるんです。水源の土地を買い漁っていることが非難されると、中国人がボスであることをカムフラージュするため、日本人社員に会社のトップを譲ったことにして、再び新たな土地に手を出して事業を拡大させています」(中国在住ジャーナリスト)

 今や日本各地は中国人投資家の無法地帯と化し、新潟の温泉地の老舗旅館は買収され、京都の木造家屋「京町屋」は民泊目的で次々と買い占められるなど、歯止めの利かない状況になっている。そしてその極め付きは、日本の「象徴」である富士山が奪われようとしているのだ。

「中国人は富士山が大好きで、キレイに見える場所に別荘を持つのがステータス。富士山が見える周辺のホテルも、相次いで中国資本に買収されてしまいました」(中国在住ジャーナリスト)

 モラルのカケラもない中国人投資家どもを、締め出す方法はないものか。そろそろ真剣に考えるべき時期が来ているようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道