政治

金正恩が渡していた拉致被害「新・帰国者リスト」(2)韓国議員やスパイの「証言」

 朝鮮総連関係者はこの疑義に対し、次のように裏事情を説明した。

「今回は北朝鮮の秘密機関とアメリカの諜報機関の双方が調べた結果なので、信用できるのではないか。アメリカの諜報機関とは、CIA(中央情報局)のこと。報告書を書かせたのはCIAであり、(5月31日に)それを受け取ったポンペオ氏は元CIA長官です」

 ただし、こんな不穏な話もあった、と話すのは、先の官邸関係者である。

「そもそも北朝鮮は米朝会談前、『ニセ被害者』を帰す算段をしていたんです。自分から万景峰号に乗り込んで北朝鮮に渡り、半ば工作員的になった、いわば『協力者』を拉致被害者のテイにして、まとめて何人か帰す、というものでした。この情報をアメリカ経由で知った安倍総理は『それはけしからん』となった」

 そんな中、拉致問題において、その象徴的存在として扱われる、横田めぐみさんに関する衝撃情報が飛び込んできた。声を潜めて明かすのは、米政府に通じる関係者である。

「アメリカは、めぐみさんが確実に生存しているという確証を得ており、実際に確認も取った。それは横田夫妻にも伝えられている。めぐみさんは北朝鮮の高位役職者となっている」

 北朝鮮政府は02年、めぐみさんについて「すでに死亡した」と説明している。北朝鮮政府の内情に詳しいジャーナリストが言う。

「めぐみさんは重度の精神疾患を抱えて隔離病棟に収容され、30歳だった94年4月10日に死亡し、15日に付近の山に土葬されたとされています。一方で、北朝鮮がめぐみさんの遺骨として提出したものは、DNA鑑定で別人と判明した事実がある。めぐみさんの生存に関しては、複数の脱北者の証言がありましたが、物証、状況証拠はなく、証言者の言葉にもブレが見られました。ただし、ウソだとも断定はできない。また、11年に韓国・自由先進党の議員が入手した北朝鮮高官の話では『めぐみさんは生存しており、知ってはいけないことを知りすぎたため、日本に帰すことができない。だから他人の遺骨を渡した』と。この議員は日本政府にそう証言しています」

 また、防衛省の命を受け、15年以上にわたり、北朝鮮に出入りしてスパイ活動を行っていた人物がいるが、

「このスパイはスイスで北朝鮮系の関係者から『めぐみさんは確実に生きている。政府の思想・教育関係の部署の比較的高い地位に就いている』との話を聞き、防衛省にも報告済みだと話していました」(ジャーナリスト)

 めぐみさん生存説が信じるに足りうるような、こうした複数の証言があるのもまた事実なのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!