スポーツ

藤田菜七子「GI初騎乗&初制覇」への道(2)「初GI」を欲しがる馬主も

 とはいえ、ファンの期待は、秋のGIデビューであり、スポーツ紙もスクープを狙ってピリピリとしている。

 スポーツ紙記者が明かす。

「菜七子人気は、相変わらずすごい。週の後半になると『来週の重賞に関西馬で乗るってことはないよな?』など、他紙に抜かれないように探りを入れているぐらいです。GI騎乗にしても、すでに後輩の武藤雅(20)が乗っているように、それほど難しい話ではなさそう。実際『菜七子の初GIが欲しい』と話す個人馬主はけっこういますから(笑)。そうした馬主へのマークも始まっています」

 注目度が“半端ない”ことに加えて、菜七子騎手のエージェントである中村剛士氏が「今秋中にはGIデビューをと思っている」と話したことで、スポーツ紙の取材合戦は、より過熱しているようだ。

「いきなり、秋GI初戦のスプリンターズSや、秋華賞の可能性さえありますよ」(スポーツ紙記者)

 中村氏は戸崎圭太(37)や内田博幸(47)を担当する敏腕エージェントだけに、どんなオファーが持ち込まれても不思議ではない。だが、専門紙記者は次のように予測する。

「現実的には、11月4日のJBC(ジャパンブリーディングファームズカップ)競走が最有力候補じゃないでしょうか。今年の開催場所は地方ではなく、京都競馬場。売り上げが横ばいのため、『訴求力の高いJRAで実施することで起爆剤にしたい』という地方競馬側の思惑がある以上、菜七子ちゃんの参戦は願ってもないことです。騎乗馬は中央の馬に限らず、地方馬とのコンビでもOKで、中村氏は地方競馬の元騎手。地方馬主や調教師と太いパイプを持っているだけに、可能性は高いと思いますよ」

 地方競馬の祭典「JBC競走」は84年に創設され、「クラシック」「スプリント」「レディスクラシック」のGI3レースが行われるのだが、最も有力なのは、ダート1200メートル戦の「JBCスプリント」だ。

「彼女の成績を見ると、29勝のうち22勝がダート戦。距離別で見ても1200メートル以下で12勝をあげています。京都競馬場の経験が少ない点は不安材料ではありますが、ダート&短距離を得意としているだけに、GI初騎乗で初勝利というのも夢じゃないと思います」(専門紙記者)

 この秋は、今まで以上に「菜七子フィーバー」が巻き起こりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え