スポーツ

藤田菜七子「GI初騎乗&初制覇」への道(2)「初GI」を欲しがる馬主も

 とはいえ、ファンの期待は、秋のGIデビューであり、スポーツ紙もスクープを狙ってピリピリとしている。

 スポーツ紙記者が明かす。

「菜七子人気は、相変わらずすごい。週の後半になると『来週の重賞に関西馬で乗るってことはないよな?』など、他紙に抜かれないように探りを入れているぐらいです。GI騎乗にしても、すでに後輩の武藤雅(20)が乗っているように、それほど難しい話ではなさそう。実際『菜七子の初GIが欲しい』と話す個人馬主はけっこういますから(笑)。そうした馬主へのマークも始まっています」

 注目度が“半端ない”ことに加えて、菜七子騎手のエージェントである中村剛士氏が「今秋中にはGIデビューをと思っている」と話したことで、スポーツ紙の取材合戦は、より過熱しているようだ。

「いきなり、秋GI初戦のスプリンターズSや、秋華賞の可能性さえありますよ」(スポーツ紙記者)

 中村氏は戸崎圭太(37)や内田博幸(47)を担当する敏腕エージェントだけに、どんなオファーが持ち込まれても不思議ではない。だが、専門紙記者は次のように予測する。

「現実的には、11月4日のJBC(ジャパンブリーディングファームズカップ)競走が最有力候補じゃないでしょうか。今年の開催場所は地方ではなく、京都競馬場。売り上げが横ばいのため、『訴求力の高いJRAで実施することで起爆剤にしたい』という地方競馬側の思惑がある以上、菜七子ちゃんの参戦は願ってもないことです。騎乗馬は中央の馬に限らず、地方馬とのコンビでもOKで、中村氏は地方競馬の元騎手。地方馬主や調教師と太いパイプを持っているだけに、可能性は高いと思いますよ」

 地方競馬の祭典「JBC競走」は84年に創設され、「クラシック」「スプリント」「レディスクラシック」のGI3レースが行われるのだが、最も有力なのは、ダート1200メートル戦の「JBCスプリント」だ。

「彼女の成績を見ると、29勝のうち22勝がダート戦。距離別で見ても1200メートル以下で12勝をあげています。京都競馬場の経験が少ない点は不安材料ではありますが、ダート&短距離を得意としているだけに、GI初騎乗で初勝利というのも夢じゃないと思います」(専門紙記者)

 この秋は、今まで以上に「菜七子フィーバー」が巻き起こりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場