芸能

天才テリー伊藤対談「小林亜星」(2)当時の給料を2日で使っちゃった!?

テリー プロフィールによると、亜星さんはもともと慶應大学の医学部にいらしたんですね。それが、どうして音楽の道へ進むことになるんですか?

小林 親父の実家が病院だったので、しかたなく行ったんだけど、僕はまったく興味がなかったんですよ。もともとすごく不器用で、医者なんてなれるわけがないと思っていたので、途中で親に黙って経済学部に転部したんです。

テリー ありゃりゃ、そういうことでしたか(笑)。

小林 あと、その頃ちょうど朝鮮戦争が始まってね、向こうで戦って帰国した進駐軍がクラブとかで遊ぶから、バンドが足りなくてね、僕らみたいな下手っぴでも忙しくなっちゃった。

テリー あ、もうバンドをやっていたんですね。

小林 うん、僕はビブラフォンっていう楽器をやってた。僕らは当時、横浜にあった婦人部隊の専属だったから、そこへ毎日演奏しに行ってたんですが、初任給が8500円ぐらいの時代なのに、1日3000円もらえたんです。

テリー ええっ、すごい! 3日でサラリーマンの月収じゃないですか。

小林 そう。おかげですっかり金遣いが荒くなって、学生なのに銀座が大好きになっちゃった(笑)。だから卒業後は、銀座に本社がある製紙会社に就職したんですよ。ところが金遣いは荒いままだから、当時の給料9000円ぐらいが2日でなくなっちゃう(笑)。

テリー ハハハ、そりゃそうなりますよね。

小林 だから、こんなことをしててもどうしようもない、どうせだったら好きなこと、音楽をやろうと思った。でも音楽で飯を食べるのは大変だから、服部正先生に弟子入りしようと思ったんですよ。先生は当時、NHKのラジオドラマ「向こう三軒両隣り」「ヤン坊ニン坊トン坊」の音楽を書かれていて、それがとてもよかったんです。で、さっそく住所を調べて先生の家に行ったの。

テリー へー、行動力がありますね。

小林 会社員の頃から、飛び込みの営業は得意だったの(笑)。たまたま先生はいらっしゃらなくて、自分の曲を入れたテープを置いてきたら、あとで先生から「ぜひいらっしゃい」と手紙をいただいたんです。それで毎週日曜日に先生のお宅で、他のお弟子さんと一緒に音楽の勉強をすることになりまして、しばらくして会社も辞めました。

テリー へえ、ということは、すぐに食べられるようになったんですか?

小林 まあ、細々とですけれど。先輩がキャバレーで演奏しているタンゴバンドのアレンジの仕事を紹介してくれたり、そのうちNHKにも出入りするようになって、やっぱりアレンジの仕事をさせてもらうようになるんです。

テリー ああ、最初はアレンジャーがメインだったんですか。

小林 ただ、アレンジの仕事ってものすごくギャラが安くてね、「こんなの続けていても大して食っていけねえや」と。しかもアレンジの仕事って左脳と右脳で分けると、論理的な左脳の仕事なんですよ。だから左脳ばっかり使ってると作曲に使う右脳が劣化してヤバイな、と感じて、思い切ってアレンジの仕事をやめたの。

テリー 確実な収入を断って、右脳を使うクリエイティブな道へ進みたいっていうのは、大きな決断だったんじゃないですか。

小林 ええ。でも、それがきっかけで、レナウンのCMソングにつながることになりますから。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」