芸能

天才テリー伊藤対談「小林亜星」(2)当時の給料を2日で使っちゃった!?

テリー プロフィールによると、亜星さんはもともと慶應大学の医学部にいらしたんですね。それが、どうして音楽の道へ進むことになるんですか?

小林 親父の実家が病院だったので、しかたなく行ったんだけど、僕はまったく興味がなかったんですよ。もともとすごく不器用で、医者なんてなれるわけがないと思っていたので、途中で親に黙って経済学部に転部したんです。

テリー ありゃりゃ、そういうことでしたか(笑)。

小林 あと、その頃ちょうど朝鮮戦争が始まってね、向こうで戦って帰国した進駐軍がクラブとかで遊ぶから、バンドが足りなくてね、僕らみたいな下手っぴでも忙しくなっちゃった。

テリー あ、もうバンドをやっていたんですね。

小林 うん、僕はビブラフォンっていう楽器をやってた。僕らは当時、横浜にあった婦人部隊の専属だったから、そこへ毎日演奏しに行ってたんですが、初任給が8500円ぐらいの時代なのに、1日3000円もらえたんです。

テリー ええっ、すごい! 3日でサラリーマンの月収じゃないですか。

小林 そう。おかげですっかり金遣いが荒くなって、学生なのに銀座が大好きになっちゃった(笑)。だから卒業後は、銀座に本社がある製紙会社に就職したんですよ。ところが金遣いは荒いままだから、当時の給料9000円ぐらいが2日でなくなっちゃう(笑)。

テリー ハハハ、そりゃそうなりますよね。

小林 だから、こんなことをしててもどうしようもない、どうせだったら好きなこと、音楽をやろうと思った。でも音楽で飯を食べるのは大変だから、服部正先生に弟子入りしようと思ったんですよ。先生は当時、NHKのラジオドラマ「向こう三軒両隣り」「ヤン坊ニン坊トン坊」の音楽を書かれていて、それがとてもよかったんです。で、さっそく住所を調べて先生の家に行ったの。

テリー へー、行動力がありますね。

小林 会社員の頃から、飛び込みの営業は得意だったの(笑)。たまたま先生はいらっしゃらなくて、自分の曲を入れたテープを置いてきたら、あとで先生から「ぜひいらっしゃい」と手紙をいただいたんです。それで毎週日曜日に先生のお宅で、他のお弟子さんと一緒に音楽の勉強をすることになりまして、しばらくして会社も辞めました。

テリー へえ、ということは、すぐに食べられるようになったんですか?

小林 まあ、細々とですけれど。先輩がキャバレーで演奏しているタンゴバンドのアレンジの仕事を紹介してくれたり、そのうちNHKにも出入りするようになって、やっぱりアレンジの仕事をさせてもらうようになるんです。

テリー ああ、最初はアレンジャーがメインだったんですか。

小林 ただ、アレンジの仕事ってものすごくギャラが安くてね、「こんなの続けていても大して食っていけねえや」と。しかもアレンジの仕事って左脳と右脳で分けると、論理的な左脳の仕事なんですよ。だから左脳ばっかり使ってると作曲に使う右脳が劣化してヤバイな、と感じて、思い切ってアレンジの仕事をやめたの。

テリー 確実な収入を断って、右脳を使うクリエイティブな道へ進みたいっていうのは、大きな決断だったんじゃないですか。

小林 ええ。でも、それがきっかけで、レナウンのCMソングにつながることになりますから。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」