芸能

松岡修造も仰天!タカラジェンヌは「合コン三昧」だった!?

 松岡修造の長女、松岡恵さんの宝塚音楽学校入学で俄然注目を集めているタカラジェンヌ。

 タカラジェンヌといえば「清く、正しく、美しく」をモットーに華やかな舞台を支える歌やダンス、演劇といった、舞台人としての基本を徹底的に叩き込まれ、礼儀作法やマナーに厳しいことでも有名だ。それこそ寝る間も惜しんで、日々芸の道に励み、恋愛なんてもってのほか…かと思いきや、実態は少々違うようだ。宝塚に詳しいライターがこう打ち明ける。

「誤解されがちですが、タカラジェンヌは恋愛は禁止されていません。むしろ実際は合コン三昧のジェンヌさんが多い。東京宝塚公演の終了後などに銀座あたりで合コンしている彼女たちをよく見かけますよ。合コン相手で有名なのは大手広告代理店社員や大手航空会社社員。何か特別なルートがあるみたいですね。『今日もジェンヌと合コンだよ』と自慢げに話している広告代理店社員もいます。彼女達は容姿端麗でビジュアルも申し分ないし、行儀作法などもしっかり叩き込まれていて男を立てるツボなども心得ています。彼らからしてみればタカラジェンヌと付き合うことは一種のステータスでもあるんです」

 タカラジェンヌが合コンに精を出しているとは少々驚きだが、その事情は宝塚独特のシステムにあるという。

「タカラジェンヌは入団して6年目までは阪急電鉄・創遊事業本部・歌劇事業部の正社員としてお給料を貰えるのですが、7年目からはタレント契約になり、毎年更新になります。それこそ芸が上達しない、人気がでない、役付きがよくないなどのジェンヌは劇団から肩叩きがあるわけです。スター街道にのったタカラジェンヌさんは、舞台のお稽古や取材などでいそがしく合コンに行く時間がありませんが、路線から外れたジェンヌは宝塚をやめた後のことも考えなければいけない。だから合コンに繰り出し婚活に必死なのです。実際、見切りをつけて退団後すぐに大手航空会社社員や会社社長などとちゃっかり結婚している人もいます」(前出・宝塚に詳しいライター)

 来年、晴れて宝塚歌劇団に入団する恵さんは、早くもその美貌で人気を集めているが、父・修造がこんなタカラジェンヌの恋愛事情を知れば、愛娘が合コン三昧にならないか今から心配になるかも?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?