社会

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(3)髄膜炎や脳梗塞を引き起こす

 当然、水分が通わなくなった歯は、しだいに枯れたような状態になり、立ち木の枝同様、何の前ぶれもなくポキンと折れる可能性がある。しかも歯を抜くとモノが噛みづらくなるため、必然的に噛む力は弱くなる。

「噛むという動作には脳、中でも記憶に関する働きに関わる海馬を刺激し、活性化させる大切な働きがある。つまり、噛む力が弱まり、回数が減るということは海馬への刺激が少なくなるため、認知症になったり身体能力が低下したり、さらには老化を早める危険性があるということです」

 虫歯になり、歯を抜いたばかりに認知症になるとはたまったものではないが、実は、抜歯は突然死の危険をもはらんでいた。

「口の中にいる無数の菌が、歯を抜いた際にできた傷口から血液中に流れ込み、全身に回って菌血症になることがあるんです」

 菌血症とは、臓器あるいは組織のどこかに細菌感染巣があり、その病巣から細菌が血液中に流出している状態を言うが、時として、これが髄膜炎や心筋梗塞、脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こす場合もあるのだとか。

「3日以内に歯を抜いたなど、出血を伴う歯科治療を受けた人が献血できないのは、このためなんです」

 確かに日本赤十字のウェブサイトには献血の際の注意書きとして、〈出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)に関しては、抜歯等より口腔内常在菌が血中に移行し、菌血症になる可能性があるため、治療後3日間は、献血をご遠慮いただいています〉という一文が明記されている。

 そして抜歯後の大きな問題として、近年にわかにクローズアップされているのが「ボーンキャビテーション」と呼ばれる現象だ。歯を抜くと、その歯がもともと生えていた部分には大きな穴があく。だが人間には自然治癒力が備わっているため、徐々にその穴はふさぎ始める。

「ところが、歯を抜いた時に歯根(歯の根っこ)の周りを覆っている膜が残ってしまった場合、周囲の骨は『まだ歯がある』と勘違いし、穴をふさぐための自然治癒力を働かせなくなってしまうんです。結果、空洞が残ってしまう。これがボーンキャビテーションという現象なのです」

 空洞にはたくさんの細菌が住みつき、どんどん増殖していくが、人間の体はある場所で細菌が一気に増えた場合、その細菌を攻撃すべく、白血球の内に顆粒球という細胞が大量に作られる。

「白血球には顆粒球とリンパ球があり、顆粒球は細菌類を、リンパ球はウイルスやガン細胞を攻撃する役割がありますが、顆粒球が大量に作られることで、リンパ球が減ってしまうんです」

 結果、このことがガン細胞を増殖させ、ガンを引き起こす可能性があるのだ。

「実際、アメリカであるガン患者さんのボーンキャビテーションの治療を行ったところ、ガンが完治したという症例もあり、抜歯による細菌がガンになる可能性は否定できないということです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
「22歳で死去」木村花さんの「凄絶現場」を格闘技ライターが克明証言
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!