芸能

歴代最高の「セーラー服作品」はコレだ!ドラマ編(1)制服に意味を持たせた「スケバン刑事」

 1970年代までは、集団の学園ドラマに制服の女子高生たちがにこやかに並んでいた。ところが80年代になると、より鮮烈な形で制服が意味を持った。

 その原点にして、今も代名詞とされるのが「スケバン刑事」(85~87年、フジテレビ系)だ。桜田門の紋章が入った必殺のヨーヨーを武器に、初代・斉藤由貴、2代目・南野陽子、3代目・浅香唯がそれぞれ「麻宮サキ」に扮した。

〈スケバンまで張ったこの麻宮サキが、何の因果か落ちぶれて、今じゃマッポの手先。だがな! てめえたちみたいに魂まで薄汚れちゃいねえんだ!〉

 決めゼリフは高知出身という設定の南野、宮崎出身の浅香でそれぞれ変わったが、セーラー服で派手なアクションというコンセプトは共通している。

「追随した『セーラー服反逆同盟』(86~87年、日本テレビ系)など、アイドルがセーラー服でアクションをやる元祖になりました。同時に、南野陽子や浅香唯のように、ここからスターになっていく過程も見せつけた」(アイドル評論家・織田祐二氏)

 中学生の性の目覚めをコメディタッチで描いた「毎度おさわがせします」(85~87年、TBS系)も、同じタイミングの人気シリーズ。中山美穂演じるヒロインは、「お前ホウケーだろ」「(全脱ぎを)見たい? 見せてあげよっか?」など、過激なセリフを伝説のチラリショットとともに連発。

「ちょっと不良で、でも気立てはよく、一途で、性に積極的。嫌いな要素が1つもないヒロインです。セーラー服も似合っていた」(前出・織田氏)

 衝撃の作品といえば、野島伸司脚本の「高校教師」(92年、TBS系)だ。桜井幸子が扮した女子高生・二宮繭は、教師(真田広之)と恋に落ちるだけでなく、実の父親とも関係を持つという役柄。

 実は観月ありさに内定していたのだが、シナリオを読んで観月が降板し、代役で好演した桜井が高い評価を得た。ラストシーンで桜井と真田の2人が死んだのかどうかと論争になったほどだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」