社会

「少年救出劇で注目」タイに旅行に行くなら知っておきたい“意外なお国事情”

 7月10日までに洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年ら13人が全員救出され、一時は緊迫したが、明るいニュースを世界に届けたタイ。観光で有名なこの国の中でも人気のスポットの一つである、パタヤで中国人観光客が王室を侮辱するような騒ぎを起こしたのは去る6月24日。鎖で囲まれ「よじ登り禁止」と注意書きもあった前タイ国王の署名がある岩によじ登り写真を撮影し、この行為が“王室を侮辱した”と騒動になったのだ。

“ほほ笑みの国”と呼ばれるタイの人にも逆鱗はある。旅行で訪れた際に気をつけたいことを、同国在住の日本人に聞いた。

「王室を大切にするタイでは、人前で王室を批判すると侮辱罪や王室不敬罪となり逮捕される可能性があります。国内には、あらゆる場所に王室の方々の肖像があり、それを指さして笑ったりする行為も慎んでもらいたいですね。ほかにも、ファッションとして定番の迷彩柄ですが、タイでは軍人以外の着用が法律で禁じられています。軍服法によると民間人が迷彩服を着た場合、3カ月以上5年以下の懲役刑が科せられます」

 また、日本では何気ない行為が、タイでは大問題になるケースもある。

「タイの人は、自身の頭の上に神がいると信じています。ですから、頭を触るのはタブー。たまたま居合わせたかわいい赤ちゃんや子供であっても、頭を撫でてはいけません。実際に、訴訟問題になったこともありました」

 接触という点で注意したいのは、お坊さんだという。

「敬虔な仏教国のタイは、街のいたるところにお坊さんがいます。女性は、お坊さんに触れてはいけません。もし触れた場合、そのお坊さんは降格となります。風が吹いて、お坊さんの袈裟が女性に触れることもいけないので、すれ違うような場面では道を譲るくらいの気遣いが必要です」

 いよいよ始まる夏の旅行シーズン。楽しい旅になるよう、渡航先のお国事情は知っておこう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!